東洋ゴムは10年野放し “スペシャリスト”が企業をダメにする

公開日: 更新日:

 10年間も野放しだった――。東洋ゴム工業が性能基準を満たしていない免震ゴムを販売していた問題は、この製品を担当していた社員が試験データを改ざんしていたことが原因だった。

 2004年7月から15年2月までに不良品の免震ゴム2052基を納入。全国の病院やマンションなど55物件に使われていた。この間、データ管理は問題の社員1人に任せきり。連結で1万292人もの社員を擁する大企業なのに、なぜ1人に任せていたのか。

「免震ゴムの検査は専門性が高く、他の社員では分からない部分が多いため、(問題の社員に)任せてしまいました。以前から、別の社員も担当するようローテーションを組みたいと考えていたのですが……」(同社広報企画部)

 余人をもって代えがたい状況のため、1人に丸投げしていたというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る