東洋ゴムは10年野放し “スペシャリスト”が企業をダメにする

公開日: 更新日:

 10年間も野放しだった――。東洋ゴム工業が性能基準を満たしていない免震ゴムを販売していた問題は、この製品を担当していた社員が試験データを改ざんしていたことが原因だった。

 2004年7月から15年2月までに不良品の免震ゴム2052基を納入。全国の病院やマンションなど55物件に使われていた。この間、データ管理は問題の社員1人に任せきり。連結で1万292人もの社員を擁する大企業なのに、なぜ1人に任せていたのか。

「免震ゴムの検査は専門性が高く、他の社員では分からない部分が多いため、(問題の社員に)任せてしまいました。以前から、別の社員も担当するようローテーションを組みたいと考えていたのですが……」(同社広報企画部)

 余人をもって代えがたい状況のため、1人に丸投げしていたというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る