東洋ゴム問題 国交省がおびえる被害マンション住民の“決起”

公開日: 更新日:

 東洋ゴム工業による免震ゴム偽装問題で、太田昭宏国交相は24日、「免震ゴムの交換を行う方向で厳しく指導する」と表明。北川イッセイ副大臣は「(不正の)構造的問題について見直さなければならない」とまるで他人事のようだったが、事はそれだけで済むのか。

 免震ゴム交換などの費用について、国交省は「東洋ゴムが責任を持って全額負担する」と強気でいる。もちろん、東洋ゴムの責任は重大だ。だが、ここまで国交省が知らんぷりを決め込むのは、2005年に起こった「耐震偽装問題」の“トラウマ”があるとみられる。

 この問題では、当時の北側一雄国交相が「建築確認検査という公の事務で、重大な見落としがあった」と発言。国と自治体がマンションの解体費用など80億円を負担することになった。税金を使うことに賛否が渦巻いたが、マンション住民らが結束し、世論に訴え続けたことで国を動かした経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る