次々露呈する東洋ゴムの偽装問題 本業の「タイヤ」に直撃必至

公開日: 更新日:

 免震ゴムの偽装問題で揺れる東洋ゴム工業に新たな“疑惑”が浮上した。数値を操作した技術者が1人だけではなかったというのだ。

 東洋ゴムはこれまで、免震ゴムの性能テストは1人の課長代理が担当してデータの偽装を行い、2014年2月に後任の社員がデータを疑問視して検証を開始したと説明していた。ところが、22日の読売新聞によると、実際は後任社員は13年1月に課長代理と交代し、性能テストの計算に使う係数を操作して基準値に収まるようにしていたという。後任社員が不正に気付いていたかは不明だが、少なくとも2人の技術者が偽装に関わっていたことになる。

 そもそも同社は14年2月以降も、基準を満たさない免震ゴムを508基出荷している。その中には地震のときに国民を助ける役目を担う病院、警察、消防署などの公共施設が含まれている。絶対に潰れてはならない建造物に不良品と分かって売っていたのだから悪質だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る