知らずに偽装品を…絶滅危惧ニホンウナギ“闇ビジネス”最前線

公開日:  更新日:

 今月29日は土用の丑の日だ。こう暑いと、ウナギで精をつけたいが、「ニホンウナギ」は先月、絶滅危惧種に指定されたばかり。不漁が続く稚魚をめぐる“トラブル”も増えている。ズバリ、偽物をつかまされるケースが多いのだ。

 1960~70年代、シラスウナギの漁獲量は200トン以上あったというが減少の一途。水産庁によると、ウナギの稚魚の推定漁獲量は、2004年の22・5トンから、13年には5・2トンに激減した。それにより、1キロ当たりの稚魚の平均価格は、25万2000円から247万8000円に高騰した。

 これを見たアジア人ブローカーが暗躍している。熱帯地域に生息する「ビカーラ種」が取れるフィリピンでは、香港や韓国からのブローカーもいるらしい。

 現地調査も行っている東大大気海洋研究所の青山潤教授は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る