諮問機関が宿題 世界文化遺産の富士山に“登録抹消”の黄信号

公開日: 更新日:

 紆余曲折を経て、ようやく世界文化遺産に登録がかなった「明治日本の産業革命遺産」。その一方で、2013年6月に世界文化遺産に登録された「富士山」に黄信号がともっている。

 実は、富士山は登録と同時にユネスコの諮問機関「イコモス」から、環境保全のための“宿題”を課せられている。その宿題をクリアしないと、世界文化遺産の認定を取り消される恐れがあるのだ。

 宿題の内容は、例えば「登山道の収容力を研究し、その成果に基づき来訪者管理戦略を策定すること」「登山道及びそれらに関係する山小屋、トラクター道のための総合的な保全手法を定めること」などと具体的だ。他にも「電柱が富士山の景観を阻害している」「富士五湖のモーターボートやジェットスキーが周辺の平和な環境を乱している」などと細かく指摘されている。

 イコモスはこれらの指摘に関し、文化庁や静岡、山梨両県の世界遺産推進課に対し、来年2月1日までに環境保全策を提出するように命じている。果たして、この膨大な量の宿題を、あと半年ちょっとでクリアできるのか。文化庁記念物課の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る