• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

諮問機関が宿題 世界文化遺産の富士山に“登録抹消”の黄信号

 紆余曲折を経て、ようやく世界文化遺産に登録がかなった「明治日本の産業革命遺産」。その一方で、2013年6月に世界文化遺産に登録された「富士山」に黄信号がともっている。

 実は、富士山は登録と同時にユネスコの諮問機関「イコモス」から、環境保全のための“宿題”を課せられている。その宿題をクリアしないと、世界文化遺産の認定を取り消される恐れがあるのだ。

 宿題の内容は、例えば「登山道の収容力を研究し、その成果に基づき来訪者管理戦略を策定すること」「登山道及びそれらに関係する山小屋、トラクター道のための総合的な保全手法を定めること」などと具体的だ。他にも「電柱が富士山の景観を阻害している」「富士五湖のモーターボートやジェットスキーが周辺の平和な環境を乱している」などと細かく指摘されている。

 イコモスはこれらの指摘に関し、文化庁や静岡、山梨両県の世界遺産推進課に対し、来年2月1日までに環境保全策を提出するように命じている。果たして、この膨大な量の宿題を、あと半年ちょっとでクリアできるのか。文化庁記念物課の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る