日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

諮問機関が宿題 世界文化遺産の富士山に“登録抹消”の黄信号

 紆余曲折を経て、ようやく世界文化遺産に登録がかなった「明治日本の産業革命遺産」。その一方で、2013年6月に世界文化遺産に登録された「富士山」に黄信号がともっている。

 実は、富士山は登録と同時にユネスコの諮問機関「イコモス」から、環境保全のための“宿題”を課せられている。その宿題をクリアしないと、世界文化遺産の認定を取り消される恐れがあるのだ。

 宿題の内容は、例えば「登山道の収容力を研究し、その成果に基づき来訪者管理戦略を策定すること」「登山道及びそれらに関係する山小屋、トラクター道のための総合的な保全手法を定めること」などと具体的だ。他にも「電柱が富士山の景観を阻害している」「富士五湖のモーターボートやジェットスキーが周辺の平和な環境を乱している」などと細かく指摘されている。

 イコモスはこれらの指摘に関し、文化庁や静岡、山梨両県の世界遺産推進課に対し、来年2月1日までに環境保全策を提出するように命じている。果たして、この膨大な量の宿題を、あと半年ちょっとでクリアできるのか。文化庁記念物課の担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事