軍艦島は大丈夫か お祭りムードも「世界遺産」はその後が悲惨

公開日:  更新日:

 通称「軍艦島」の端島炭鉱(長崎市)など、8県11市にまたがる23施設が「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産へ登録勧告された。連休中とあって各施設は観光客でゴッタ返し、首都圏に近い韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)は通常の10倍近い入場者数を記録。岩手県釜石市の橋野鉄鉱山・高炉跡も20倍の1000人超が訪れた。

 各施設の自治体はお祭りムードに沸いているが、果たして、喜んでばかりいられるのかどうか。過去「世界遺産」に選ばれた施設や自治体の中には、とんでもない目に遭ったケースも少なくなかったからだ。

 かつて知る人ぞ知る“秘島”だった「屋久島」は、1993年に世界自然遺産登録されたことで観光客が急増。今では登山道が荒廃し、ゴミ処理など環境破壊が問題になっている。小笠原諸島、熊野古道なども同様の問題を抱えており、観光客の制限が検討され始めている。熊野古道に至っては今年、参道「大門坂」の石畳に落書きがいくつも見つかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る