北陸ブームは金沢集中も…「世界遺産」があるのは富山県だけ

公開日:  更新日:

 念願の新幹線開業で北陸が沸いている。長野から先の新駅は飯山、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡、そして終点・金沢の4県7駅。目下、マスコミの注目度は古都・金沢に集中気味で、新駅が3つもある富山県はイマイチ。控えめな県民性が裏目に出たのか、県庁所在地の露出度で比べても富山市は金沢より目立たない。そこで、今回は富山県の“いいとこ”を探してみた。

《ホタルイカとシロエビが春の2大グルメ》

「世界遺産があるのは、今回新駅ができた4県中、富山だけじゃないですか。五箇山の合掌造り集落です。趣がありますよ~。寒ブリや鱒寿司、黒四ダムは超有名だけど、それだけじゃないんですよ」

 こう力説するのは、富山市出身の30代広告マン。なるほど、世界遺産は確かにそうだ。観光地や物産の有名どころはさておき、それ以外のアピールポイントもたくさんあるという。例えば――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る