物マネ芸の団しん也 世界遺産「富岡ふるさと大使」で奔走中

公開日:  更新日:

 80年代、演芸がまだテレビ番組として人気を得ていた時代には、ユニークな芸人がゴロゴロいた。歌手では売れず、モノマネ芸で売れっ子になった団しん也さん(70)はそのひとりだろう。サミー・デービスJr、ディーン・マーチンといったアメリカのエンターテイナーから三遊亭円生などの落語家まで、そのモノマネパフォーマンスにはハラを抱えて笑ったものだ。最近はあの至芸を見ない。今どうしているのか。

「オレの近況を知りたいって? そいつはいい心がけだ。でも、きょうは富岡製糸場(群馬県富岡市)のことを聞いて欲しいね。なにしろ世界遺産だよ、世界遺産!! うれしいよねぇ」

 JR吉祥寺駅近くの喫茶店で会った団さん、満面の笑みでこう言った。
 渡された名刺には「富岡市ふるさと大使」とある。うれしいはずだ。

「オレ、富岡出身なんだ。実家は製糸場から4、5分、諏訪神社そばの創業100年の浜野屋って漬物屋で、今もあるよ。小さい頃、製糸場は片倉工業が操業してて、“カタクラ”と呼んでた。正門前の花柳界に漬物を岡持ちに入れて配達したり、塀にボールをぶつけて遊んだもんだよ。そこへ日に5000~6000人の観光客だろ。世界遺産の効験ってホントにすごいわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る