物マネ芸の団しん也 世界遺産「富岡ふるさと大使」で奔走中

公開日:  更新日:

 80年代、演芸がまだテレビ番組として人気を得ていた時代には、ユニークな芸人がゴロゴロいた。歌手では売れず、モノマネ芸で売れっ子になった団しん也さん(70)はそのひとりだろう。サミー・デービスJr、ディーン・マーチンといったアメリカのエンターテイナーから三遊亭円生などの落語家まで、そのモノマネパフォーマンスにはハラを抱えて笑ったものだ。最近はあの至芸を見ない。今どうしているのか。

「オレの近況を知りたいって? そいつはいい心がけだ。でも、きょうは富岡製糸場(群馬県富岡市)のことを聞いて欲しいね。なにしろ世界遺産だよ、世界遺産!! うれしいよねぇ」

 JR吉祥寺駅近くの喫茶店で会った団さん、満面の笑みでこう言った。
 渡された名刺には「富岡市ふるさと大使」とある。うれしいはずだ。

「オレ、富岡出身なんだ。実家は製糸場から4、5分、諏訪神社そばの創業100年の浜野屋って漬物屋で、今もあるよ。小さい頃、製糸場は片倉工業が操業してて、“カタクラ”と呼んでた。正門前の花柳界に漬物を岡持ちに入れて配達したり、塀にボールをぶつけて遊んだもんだよ。そこへ日に5000~6000人の観光客だろ。世界遺産の効験ってホントにすごいわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る