南スーダンの自衛隊PKO 政府が「駆け付け警護」追加を検討

公開日: 更新日:

 参院の審議が始まったばかりなのに、もうこれだ。政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している自衛隊部隊の任務に、「駆け付け警護」を追加する検討に入った。

「駆け付け警護」は離れた場所にいる他国軍部隊や非政府組織(NGO)職員などを救援する活動。本格的な戦闘に巻き込まれる懸念から、現行のPKO協力法では禁止されている。

 政府は同法の改正案に当たる国際平和協力法案を含む「安保法案」の成立、施行後、部隊派遣の実施計画に追加する考えだ。国連南スーダン派遣団(UNMISS)には、自衛隊員約350人が派遣されており、首都ジュバで道路工事などインフラ整備を担っている。

 自衛隊派遣期間は8月末まで。政府は同月上旬の閣議で、派遣期間を来年2月末まで延長するとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る