• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

16年予測は「史上最も暑い年」 “猛暑”で儲ける厳選25銘柄

「2016年は史上最も暑い年になる」──NASAの気象学者がそう警告したからか、気温の上昇とともに「猛暑関連銘柄」がジワリと値を上げてきている。

「来月半ばの“米利上げ観測”は懸念材料になりますが、7月の参院選に向けて株高が演出されるはず。本格的な夏を迎える前の今が仕込み時です」(兜町関係者)

 そこで、26日の時点で年初来高値を下回っている中から、株式評論家の倉多慎之助氏に猛暑関連25銘柄を厳選してもらった。

 日本の観測史上最も酷暑だった2010年は、当然ながらビール、清涼飲料水、アイスクリームの売れ行きが好調で、それに伴ってコンビニも増益。8月のエアコンの出荷台数は過去最高に。もちろん家電量販店も潤って……とまあ、ここまでは想像がつく。

「清涼飲料水は世界的に“お茶系”が人気なので『伊藤園』。飲料等食品向けフレーバーが主力の『長谷川香料』も面白いかも。猛暑で電力需要が高まると発電がテーマになる。『タクマ』はバイオマス発電で国内をリードしています。暑い夏は蚊が猛威を振るうので殺虫剤。女性は制汗剤が手放せないでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る