16年予測は「史上最も暑い年」 “猛暑”で儲ける厳選25銘柄

公開日:  更新日:

「2016年は史上最も暑い年になる」──NASAの気象学者がそう警告したからか、気温の上昇とともに「猛暑関連銘柄」がジワリと値を上げてきている。

「来月半ばの“米利上げ観測”は懸念材料になりますが、7月の参院選に向けて株高が演出されるはず。本格的な夏を迎える前の今が仕込み時です」(兜町関係者)

 そこで、26日の時点で年初来高値を下回っている中から、株式評論家の倉多慎之助氏に猛暑関連25銘柄を厳選してもらった。

 日本の観測史上最も酷暑だった2010年は、当然ながらビール、清涼飲料水、アイスクリームの売れ行きが好調で、それに伴ってコンビニも増益。8月のエアコンの出荷台数は過去最高に。もちろん家電量販店も潤って……とまあ、ここまでは想像がつく。

「清涼飲料水は世界的に“お茶系”が人気なので『伊藤園』。飲料等食品向けフレーバーが主力の『長谷川香料』も面白いかも。猛暑で電力需要が高まると発電がテーマになる。『タクマ』はバイオマス発電で国内をリードしています。暑い夏は蚊が猛威を振るうので殺虫剤。女性は制汗剤が手放せないでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る