16年予測は「史上最も暑い年」 “猛暑”で儲ける厳選25銘柄

公開日: 更新日:

「2016年は史上最も暑い年になる」──NASAの気象学者がそう警告したからか、気温の上昇とともに「猛暑関連銘柄」がジワリと値を上げてきている。

「来月半ばの“米利上げ観測”は懸念材料になりますが、7月の参院選に向けて株高が演出されるはず。本格的な夏を迎える前の今が仕込み時です」(兜町関係者)

 そこで、26日の時点で年初来高値を下回っている中から、株式評論家の倉多慎之助氏に猛暑関連25銘柄を厳選してもらった。

 日本の観測史上最も酷暑だった2010年は、当然ながらビール、清涼飲料水、アイスクリームの売れ行きが好調で、それに伴ってコンビニも増益。8月のエアコンの出荷台数は過去最高に。もちろん家電量販店も潤って……とまあ、ここまでは想像がつく。

「清涼飲料水は世界的に“お茶系”が人気なので『伊藤園』。飲料等食品向けフレーバーが主力の『長谷川香料』も面白いかも。猛暑で電力需要が高まると発電がテーマになる。『タクマ』はバイオマス発電で国内をリードしています。暑い夏は蚊が猛威を振るうので殺虫剤。女性は制汗剤が手放せないでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る