ゴルフ場「熱中症」対策の実情…評論家は危機管理不足を指摘

公開日: 更新日:

 連日のように猛暑が続く日本列島。先週1週間で1万1219人が熱中症で病院に運ばれ、今夏最多となる32人が死亡した。搬送者数は2週連続で1万人を超え、5月19日~8月9日の累計は4万5524人となり、昨年の同時期(3万118人)を大幅に上回った。

 ゴルファーも注意が必要だ。プレー中、熱中症にかかり、救急車で搬送されるケースが後を絶たず、最悪、死亡事故につながることもある。ゴルフ銀座の千葉県茂原市を管轄する長生郡市の消防本部警防課によれば、今月に入ってからもプレー後に体調不良を訴えた男性が救急車で運ばれたという。

「今夏ではありませんが、関東のあるゴルフ場で60代のお客さんがハーフ終了後、『気分が悪い』と言っていたので心配していたところ、風呂場の浴槽に浮いて亡くなったことがありました。他のお客さんに迷惑がかかるため、すぐに服を着せ、119番通報して救急車に乗せたそうです。ゴルフ場としては死人が出たことが発覚するとイメージが悪くなるので、死亡事故が起きたことを必死で隠し通していました」(別のゴルフ場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る