2010年の悪夢再来か NASA警告“史上最悪猛暑”が家計を襲う

公開日: 更新日:

 日本も「最も暑い夏」になるのか。米国航空宇宙局(NASA)によると、先月の世界の平均気温は観測史上最高を記録した。このまま推移すれば、2016年は世界的に史上最も暑い年になる恐れがあるという。

 NASAの気象学者は「99%の確率で史上最高を更新」とツイート。わが日本の気象庁も、北海道と東北を除き、各地方の5~7月の平均気温は平年より「高い」確率が50%という3カ月予報を出している。

 23日は東京や大阪、名古屋で最高気温が30度を超え、今年初の真夏日になるなど“予兆”を感じさせるが、庶民にとってロクなことはない。これまでに最も暑い夏だった2010年は、猛暑のせいで不作の野菜がドンと値上がりした。

「トマトは一時4割高と野菜価格の高騰は冬の前まで続きました。海水温の上昇でカキなどの養殖モノが壊滅的被害を受け、国内のサケの漁獲量も減少した。鶏や豚が熱中症で死亡するケースも続発した。ただ、マツタケは豊作でした」(農水省担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    【大阪】元府知事でも…太田房江が総スカンで得票激減か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る