2010年の悪夢再来か NASA警告“史上最悪猛暑”が家計を襲う

公開日:  更新日:

 日本も「最も暑い夏」になるのか。米国航空宇宙局(NASA)によると、先月の世界の平均気温は観測史上最高を記録した。このまま推移すれば、2016年は世界的に史上最も暑い年になる恐れがあるという。

 NASAの気象学者は「99%の確率で史上最高を更新」とツイート。わが日本の気象庁も、北海道と東北を除き、各地方の5~7月の平均気温は平年より「高い」確率が50%という3カ月予報を出している。

 23日は東京や大阪、名古屋で最高気温が30度を超え、今年初の真夏日になるなど“予兆”を感じさせるが、庶民にとってロクなことはない。これまでに最も暑い夏だった2010年は、猛暑のせいで不作の野菜がドンと値上がりした。

「トマトは一時4割高と野菜価格の高騰は冬の前まで続きました。海水温の上昇でカキなどの養殖モノが壊滅的被害を受け、国内のサケの漁獲量も減少した。鶏や豚が熱中症で死亡するケースも続発した。ただ、マツタケは豊作でした」(農水省担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る