• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2010年の悪夢再来か NASA警告“史上最悪猛暑”が家計を襲う

 日本も「最も暑い夏」になるのか。米国航空宇宙局(NASA)によると、先月の世界の平均気温は観測史上最高を記録した。このまま推移すれば、2016年は世界的に史上最も暑い年になる恐れがあるという。

 NASAの気象学者は「99%の確率で史上最高を更新」とツイート。わが日本の気象庁も、北海道と東北を除き、各地方の5~7月の平均気温は平年より「高い」確率が50%という3カ月予報を出している。

 23日は東京や大阪、名古屋で最高気温が30度を超え、今年初の真夏日になるなど“予兆”を感じさせるが、庶民にとってロクなことはない。これまでに最も暑い夏だった2010年は、猛暑のせいで不作の野菜がドンと値上がりした。

「トマトは一時4割高と野菜価格の高騰は冬の前まで続きました。海水温の上昇でカキなどの養殖モノが壊滅的被害を受け、国内のサケの漁獲量も減少した。鶏や豚が熱中症で死亡するケースも続発した。ただ、マツタケは豊作でした」(農水省担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る