ATM18億円不正引き出し 次のスキミング被害者はアナタだ

公開日:  更新日:

 あすは我が身かもしれない。

 17都府県のセブン銀行やゆうちょ銀行などのATMで5月、計18億6000万円の現金が不正に引き出された事件。6日、3人目の「出し子」が警視庁に逮捕されたが、事件の全容は謎だらけだ。

「主犯は日本人説、中国人説さまざま飛び交っている。全容解明はこれからです」(捜査事情通)

 5月の犯行では、南アフリカの銀行が発行したカード情報を書き込んだ偽造クレジットカードが使用され、日本国内のATMで引き出された。つまり実際に被害に遭ったのは南ア人などで、日本人に実害はないのだが、“対岸の火事”では済まされそうもない。

 ノンフィクション作家の溝口敦氏は7日付の本紙コラムで、南アの銀行のカード情報は〈ヨーロッパのハッカー集団から主犯が有料で入手した。ハッカー集団はハックしたカード情報を世界の犯罪グループに売り込んだ〉などと指摘した。裏を返せば、日本で盗まれたアナタのカード情報が世界中に売り飛ばされる危険性もあるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る