女性が警官50人に囲まれ “サミット過剰警備”もはやマンガ

公開日: 更新日:

 伊勢志摩サミットの過剰警備で、全国各地が大混乱だ。

 26日は、東京・渋谷駅構内でトイレから出てきた外国人女性が警視庁の警官50人に取り囲まれた。女子トイレの出入り口にスーツケースを放置していたのが、その理由だ。

 爆発物処理班が、わざわざ赤外線でスーツケースをチェックしたところ、下着など衣類が入っていただけ。警官は「なぜ放置した?」と問いただしたが、女性は「だって、スーツケースを置く場所がないんだもん」と、あっけらかん。

 テロ対策の一環でゴミ箱やコインロッカーなどを封鎖したせいで、ゴミのポイ捨てが横行し、紙袋などチョットした手荷物は一時的に放置せざるを得ない。それを“不審物じゃないか”と、テロに神経質な警官がいちいち確認に追われるという悪循環。そんなマンガみたいな事態が、各所で頻発している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る