女性が警官50人に囲まれ “サミット過剰警備”もはやマンガ

公開日:  更新日:

 伊勢志摩サミットの過剰警備で、全国各地が大混乱だ。

 26日は、東京・渋谷駅構内でトイレから出てきた外国人女性が警視庁の警官50人に取り囲まれた。女子トイレの出入り口にスーツケースを放置していたのが、その理由だ。

 爆発物処理班が、わざわざ赤外線でスーツケースをチェックしたところ、下着など衣類が入っていただけ。警官は「なぜ放置した?」と問いただしたが、女性は「だって、スーツケースを置く場所がないんだもん」と、あっけらかん。

 テロ対策の一環でゴミ箱やコインロッカーなどを封鎖したせいで、ゴミのポイ捨てが横行し、紙袋などチョットした手荷物は一時的に放置せざるを得ない。それを“不審物じゃないか”と、テロに神経質な警官がいちいち確認に追われるという悪循環。そんなマンガみたいな事態が、各所で頻発している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る