• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警視庁厳戒態勢 6代目山口組・司忍組長“緊急上京”の狙い

 5日、6代目山口組の司忍組長が上京。都内は緊迫に包まれた。

 午前8時過ぎ、真っ白なスーツにサングラス姿の司6代目が新幹線のグリーン車から降り立つと、警視庁の私服警察官がすかさずビデオカメラを回し、改札から駅外に出ると数十人態勢で車を追尾した。

 友好団体の組長が交代する「継承式」に、後見人として参列するための上京だったようだが、実質“ナンバー2”の橋本弘文統括委員長、「司興業」の森健司組長ら“菱軍団”が脇を固めるように司忍組長と行動。駅は物々しい雰囲気に包まれ、居合わせたJR利用客たちは「あの行列はなんだ?」と声を潜めながら話をしていた。

 この日は竹内照明若頭補佐が稲川会会長の誕生日を祝うために六本木を訪れたほか、他の6代目山口組の直参組長も続々と上京。何が狙いだったのか─―。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る