神出鬼没で凶暴化 警察も手を焼く“ゲリラ暴走族”の実態

公開日: 更新日:

「ポッキー暴走」と称し、迷惑行為を繰り返していた暴走族の少年らが捕まった。大阪府警は9日、道路交通法違反容疑で大阪府貝塚市や泉大津市の中高生ら20人を逮捕、書類送検した。

 今どき、暴走族とは珍しい気もするが、少年らは「ポッキーの日」といわれる11月11日に毎年、集まって岸和田市の国道で暴走行為をしていたという。

「少年らはバイクに分乗し、信号無視、蛇行運転などを繰り返していました。年々騒音がうるさくなり、苦情が相次いでいた。いつの間にか見物客も増え、昨年の11月11日は200人も集まった。少年らは見物客にポッキーをばらまいていたといいます」(捜査事情通)

 警察庁によると、暴走族は年々減少し、ここ10年で半減している。かわって増えているのが、「ゲリラ暴走族」と呼ばれるグループだという。昨年11月には和歌山市で、11月3日に暴れる「イレブンスリー」と称した暴走族の少年ら計89人が補導されている。暴走族に詳しい元兵庫県警刑事の飛松五男氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る