太もも撮影の都職員に懲戒処分 隠し撮りで捕まる“境界線”

公開日:  更新日:

 ランジェリーは写っていなかった──。

 東京都が女性を隠し撮りして書類送検された男性主事(51)を停職1カ月の懲戒処分にした。主事は昨年5~12月、通勤途中の路上や電車内でスマホを使い、女性の脚をすれ違いざまに撮影していた。

 撮ったのは主に太ももで、「以前から脚に興味があった」と話しているという。

「スカート内を撮ったわけではなく、スマホを持った手をだらりと下げてシャッターを切ったようです。“不審な男がいる”との通報を受けて警察が捜査し、(主事を)特定して送検したと聞いています」(都総務局人事課)

 主事は都迷惑防止条例違反(ひわいな言動)で送検されたが不起訴になった。それでも処分を受けたのだから、サラリーマンにとって他人事ではない。

 元検事の落合洋司弁護士によれば、こうした隠し撮りの事案では2008年に最高裁で有罪判決が出ている。北海道のショッピングセンターで男が女性をつけ狙い、尻を近い距離で複数回撮影したケースだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る