• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

太もも撮影の都職員に懲戒処分 隠し撮りで捕まる“境界線”

 ランジェリーは写っていなかった──。

 東京都が女性を隠し撮りして書類送検された男性主事(51)を停職1カ月の懲戒処分にした。主事は昨年5~12月、通勤途中の路上や電車内でスマホを使い、女性の脚をすれ違いざまに撮影していた。

 撮ったのは主に太ももで、「以前から脚に興味があった」と話しているという。

「スカート内を撮ったわけではなく、スマホを持った手をだらりと下げてシャッターを切ったようです。“不審な男がいる”との通報を受けて警察が捜査し、(主事を)特定して送検したと聞いています」(都総務局人事課)

 主事は都迷惑防止条例違反(ひわいな言動)で送検されたが不起訴になった。それでも処分を受けたのだから、サラリーマンにとって他人事ではない。

 元検事の落合洋司弁護士によれば、こうした隠し撮りの事案では2008年に最高裁で有罪判決が出ている。北海道のショッピングセンターで男が女性をつけ狙い、尻を近い距離で複数回撮影したケースだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る