太もも撮影の都職員に懲戒処分 隠し撮りで捕まる“境界線”

公開日: 更新日:

 ランジェリーは写っていなかった──。

 東京都が女性を隠し撮りして書類送検された男性主事(51)を停職1カ月の懲戒処分にした。主事は昨年5~12月、通勤途中の路上や電車内でスマホを使い、女性の脚をすれ違いざまに撮影していた。

 撮ったのは主に太ももで、「以前から脚に興味があった」と話しているという。

「スカート内を撮ったわけではなく、スマホを持った手をだらりと下げてシャッターを切ったようです。“不審な男がいる”との通報を受けて警察が捜査し、(主事を)特定して送検したと聞いています」(都総務局人事課)

 主事は都迷惑防止条例違反(ひわいな言動)で送検されたが不起訴になった。それでも処分を受けたのだから、サラリーマンにとって他人事ではない。

 元検事の落合洋司弁護士によれば、こうした隠し撮りの事案では2008年に最高裁で有罪判決が出ている。北海道のショッピングセンターで男が女性をつけ狙い、尻を近い距離で複数回撮影したケースだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る