日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

通知なくGPSを捜査利用 プライバシー守る方法はないか?

 気味の悪い話だ。今年の夏からアナタのGPSの位置情報が捜査機関に筒抜けになる。それも知らないうちに、だ。何か対抗策はないものか。

 総務省は昨年6月、電気通信事業者向けの個人情報保護指針を改定。これまでは携帯電話会社が捜査機関に位置情報を提供する際、裁判所の令状と本人への通知を義務づけていたが、令状だけとする新指針を施行した。日弁連は改定に対する意見書で「憲法13条などが保障するプライバシーを侵害するもの」と懸念を表明していたが、話はどんどん先に進んでしまっている。

 NTTドコモは今月発売する5機種のスマートフォン新モデルから、本人に通知せずに位置情報を提供できるよう、端末上の対応を取る。auとソフトバンクも追随するとみられている。

「当面は新しい5機種で対応しますが、発売済みの機種のソフト変更も検討しています」(NTTドコモ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事