通知なくGPSを捜査利用 プライバシー守る方法はないか?

公開日: 更新日:

 気味の悪い話だ。今年の夏からアナタのGPSの位置情報が捜査機関に筒抜けになる。それも知らないうちに、だ。何か対抗策はないものか。

 総務省は昨年6月、電気通信事業者向けの個人情報保護指針を改定。これまでは携帯電話会社が捜査機関に位置情報を提供する際、裁判所の令状と本人への通知を義務づけていたが、令状だけとする新指針を施行した。日弁連は改定に対する意見書で「憲法13条などが保障するプライバシーを侵害するもの」と懸念を表明していたが、話はどんどん先に進んでしまっている。

 NTTドコモは今月発売する5機種のスマートフォン新モデルから、本人に通知せずに位置情報を提供できるよう、端末上の対応を取る。auとソフトバンクも追随するとみられている。

「当面は新しい5機種で対応しますが、発売済みの機種のソフト変更も検討しています」(NTTドコモ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る