豊洲地下の水位は依然高いまま 盛り土「汚染」の恐れも

公開日:  更新日:

 東京・豊洲新市場の建物下の地下空間に大量の地下水がたまっている問題で、地下水を浄化・排水して水位を一定に保つ「地下水管理システム」がフル稼働して2週間近くたっても、地下水の水位がいまだ下がっていないことが分かった。

 都はこのシステムで、荒川の水位を0メートルとした場合、敷地内の水位を1.8メートル以下に保つとしており、敷地内の21カ所で水位を観測している。都は今月14日にシステムを本格稼働させたが、その後も計画水位まで下がらず、26日の観測では2.4~4.2メートル。最大で計画より2.4メートルも高い水位を記録した。

 都は「夏の豪雨で地下水位が想定よりも高い。井戸にしみ出た水をくみ上げる仕組みで、水位低下には相当な時間がかかる」と説明している。

 敷地内の地下水からは今年9月、環境基準を上回るベンゼンが検出された。地下水位が下がらなければ、汚染土壌の有害物質が地下水に溶け込み、盛り土が汚染される恐れも指摘されている。盛り土が汚染されたら、移転計画に大きな支障が出るのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る