• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不正続出のNHK 今度は40代男性職員“発砲騒ぎ”で警察沙汰

 また不祥事だ。愛媛県のNHK松山放送局に勤める40代の男性職員が発砲騒ぎを起こし、警察沙汰になっていたことが20日、分かった。

 関係者によると、男性職員は仕事が休みだった今月19日、松山市内を車で運転中、空に向けてモデルガンを数発撃ち、発砲音をさせた。その後、松山東署が軽犯罪法違反の疑いで男性職員を任意で聴取したという。

 NHKは20日、福島放送局でのタクシー券不正使用や横浜放送局の職員の着服問題について関係者21人の処分を発表した。

 緊急性がないのに17万4180円分のタクシー券を使用した福島放送局の20代男性記者は停職2カ月。チケットの管理などを担当した同局放送部副部長に出勤停止3日などとした。

 横浜放送局では、視聴者を装った虚偽の伝票を作り、計51万円を着服していた営業局の40代職員から聞き取りをしていたが、本人が昨年10月中旬に死亡。本人の処分はできないが、遺族に弁済を求めるという。同局の営業部長や放送局長らを厳重注意とした。

 NHKは改めてタクシー券など不正に関する全国調査を行ったが、不正は見つからなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

もっと見る