日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上最高SPで逃げ切り 羽生結弦転んでも「金」の快挙

 史上初の快挙で日本の冬季五輪10個目の金メダルをもたらした。

 男子フィギュアスケートフリー(FS)が15日未明(日本時間)に行われ、羽生結弦(19)が178・64点をマーク。初日のショートプログラム(SP)と合わせて280・09点で金メダルを獲得した。フィギュアでは06年トリノ大会の荒川静香以来2人目。男子では初めて頂点に立った。

 前日のSPでは五輪史上最高の101・45点で首位に立った羽生。完璧な演技を披露したSPとは異なり、フリーではいきなりミスが出た。冒頭の4回転サルコーで着地に失敗し、尻もちをついた。続く4回転トーループは決めたもののミスを引きずったのだろう。3回転フリップも着氷が乱れて両手をつき、前半だけで2点の減点。終盤の2回転ループは回転不足となり、演技が終わると悔しそうな表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事