史上最高SPで逃げ切り 羽生結弦転んでも「金」の快挙

公開日: 更新日:

 史上初の快挙で日本の冬季五輪10個目の金メダルをもたらした。

 男子フィギュアスケートフリー(FS)が15日未明(日本時間)に行われ、羽生結弦(19)が178・64点をマーク。初日のショートプログラム(SP)と合わせて280・09点で金メダルを獲得した。フィギュアでは06年トリノ大会の荒川静香以来2人目。男子では初めて頂点に立った。

 前日のSPでは五輪史上最高の101・45点で首位に立った羽生。完璧な演技を披露したSPとは異なり、フリーではいきなりミスが出た。冒頭の4回転サルコーで着地に失敗し、尻もちをついた。続く4回転トーループは決めたもののミスを引きずったのだろう。3回転フリップも着氷が乱れて両手をつき、前半だけで2点の減点。終盤の2回転ループは回転不足となり、演技が終わると悔しそうな表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る