史上最高SPで逃げ切り 羽生結弦転んでも「金」の快挙

公開日: 更新日:

 史上初の快挙で日本の冬季五輪10個目の金メダルをもたらした。

 男子フィギュアスケートフリー(FS)が15日未明(日本時間)に行われ、羽生結弦(19)が178・64点をマーク。初日のショートプログラム(SP)と合わせて280・09点で金メダルを獲得した。フィギュアでは06年トリノ大会の荒川静香以来2人目。男子では初めて頂点に立った。

 前日のSPでは五輪史上最高の101・45点で首位に立った羽生。完璧な演技を披露したSPとは異なり、フリーではいきなりミスが出た。冒頭の4回転サルコーで着地に失敗し、尻もちをついた。続く4回転トーループは決めたもののミスを引きずったのだろう。3回転フリップも着氷が乱れて両手をつき、前半だけで2点の減点。終盤の2回転ループは回転不足となり、演技が終わると悔しそうな表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る