日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ロシアの皇帝」プルシェンコ 保障された優雅な隠居生活

「こんな形で終わりたくなかった。本当に失望している」――。
「ロシアの皇帝」の異名を持つ男子フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコ(31)が演技を披露することなくリンクを去った。

 ショートプログラム(SP)の演技直前の6分間練習でトリプルアクセル(3回転ジャンプ)の着氷が乱れると、腰に手を当てて苦悶の表情を見せた。昨年1月に手術を受けた腰痛が悪化して自ら審判に棄権を申し出た。

「ベストを尽くしたがダメだった。もう競技は終わりにしたい」と引退を表明したプルシェンコ。個人でのメダル獲得はならなかったが、今大会は皇帝としての面目は保った。

 昨年のロシア選手権では2位に終わりながら、自国でのメダル量産を狙うプーチン大統領の肝いりで代表入り。今大会の団体ではSP2位、フリー1位となり金メダル取りに貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事