「ロシアの皇帝」プルシェンコ 保障された優雅な隠居生活

公開日:  更新日:

「こんな形で終わりたくなかった。本当に失望している」――。
「ロシアの皇帝」の異名を持つ男子フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコ(31)が演技を披露することなくリンクを去った。

 ショートプログラム(SP)の演技直前の6分間練習でトリプルアクセル(3回転ジャンプ)の着氷が乱れると、腰に手を当てて苦悶の表情を見せた。昨年1月に手術を受けた腰痛が悪化して自ら審判に棄権を申し出た。

「ベストを尽くしたがダメだった。もう競技は終わりにしたい」と引退を表明したプルシェンコ。個人でのメダル獲得はならなかったが、今大会は皇帝としての面目は保った。

 昨年のロシア選手権では2位に終わりながら、自国でのメダル量産を狙うプーチン大統領の肝いりで代表入り。今大会の団体ではSP2位、フリー1位となり金メダル取りに貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る