「ロシアの皇帝」プルシェンコ 保障された優雅な隠居生活

公開日: 更新日:

「こんな形で終わりたくなかった。本当に失望している」――。
「ロシアの皇帝」の異名を持つ男子フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコ(31)が演技を披露することなくリンクを去った。

 ショートプログラム(SP)の演技直前の6分間練習でトリプルアクセル(3回転ジャンプ)の着氷が乱れると、腰に手を当てて苦悶の表情を見せた。昨年1月に手術を受けた腰痛が悪化して自ら審判に棄権を申し出た。

「ベストを尽くしたがダメだった。もう競技は終わりにしたい」と引退を表明したプルシェンコ。個人でのメダル獲得はならなかったが、今大会は皇帝としての面目は保った。

 昨年のロシア選手権では2位に終わりながら、自国でのメダル量産を狙うプーチン大統領の肝いりで代表入り。今大会の団体ではSP2位、フリー1位となり金メダル取りに貢献した。

 プルシェンコはすでにロシアのスポーツマスターの称号を与えられ、引退後は地元サンクトペテルブルク市の要職のイスが用意されているといわれる。今回の団体金メダルで報奨金400万ルーブル(約1240万円)を手にし、今後はアイスショーに出演するなど食いぶちには困らない。プルシェンコクラスなら1ステージあたりのギャラは300万円ともいわれ、世界中のショーに出演して大金を稼げるからだ。

 プルシェンコにはプロスケーターとしての優雅な暮らしが待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず