「ロシアの皇帝」プルシェンコ 保障された優雅な隠居生活

公開日:  更新日:

「こんな形で終わりたくなかった。本当に失望している」――。
「ロシアの皇帝」の異名を持つ男子フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコ(31)が演技を披露することなくリンクを去った。

 ショートプログラム(SP)の演技直前の6分間練習でトリプルアクセル(3回転ジャンプ)の着氷が乱れると、腰に手を当てて苦悶の表情を見せた。昨年1月に手術を受けた腰痛が悪化して自ら審判に棄権を申し出た。

「ベストを尽くしたがダメだった。もう競技は終わりにしたい」と引退を表明したプルシェンコ。個人でのメダル獲得はならなかったが、今大会は皇帝としての面目は保った。

 昨年のロシア選手権では2位に終わりながら、自国でのメダル量産を狙うプーチン大統領の肝いりで代表入り。今大会の団体ではSP2位、フリー1位となり金メダル取りに貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る