史上初100点超え 羽生の飛躍に「金メダル請負人」の教え

公開日: 更新日:

 新時代到来だ。13日(日本時間14日未明)に行われた男子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)は、羽生結弦(19)が完璧な演技で101.45点をマーク。SPでは史上初の100点超えでトップに立った。

 世界選手権3連覇のパトリック・チャン(23・カナダ)は、トリプルアクセル(3A)の着氷でバランスを崩しながらも、97.52点で2位につけた。

 第4組の1番手に登場した羽生は、ブルースロックの「パリの散歩道」が流れ出すと、静かに滑り出す。

 最初の4回転トーループを決めると、続く3アクセルも成功。3ルッツ―3トーループのコンビネーションジャンプもノーミス着氷。華麗なステップでも観客たちを魅了。「金メダルに最も近い」といわれてきたチャンに3.93点差をつけた。

「(完璧には)まだまだ程遠いです。五輪ということで足が震えた。でも、やれることはやれた。日本人としてSPの結果は誇らしいと思う。明日に向けて体をしっかり休めて、明日は明日でいい演技をしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る