• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上初100点超え 羽生の飛躍に「金メダル請負人」の教え

 新時代到来だ。13日(日本時間14日未明)に行われた男子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)は、羽生結弦(19)が完璧な演技で101.45点をマーク。SPでは史上初の100点超えでトップに立った。

 世界選手権3連覇のパトリック・チャン(23・カナダ)は、トリプルアクセル(3A)の着氷でバランスを崩しながらも、97.52点で2位につけた。

 第4組の1番手に登場した羽生は、ブルースロックの「パリの散歩道」が流れ出すと、静かに滑り出す。

 最初の4回転トーループを決めると、続く3アクセルも成功。3ルッツ―3トーループのコンビネーションジャンプもノーミス着氷。華麗なステップでも観客たちを魅了。「金メダルに最も近い」といわれてきたチャンに3.93点差をつけた。

「(完璧には)まだまだ程遠いです。五輪ということで足が震えた。でも、やれることはやれた。日本人としてSPの結果は誇らしいと思う。明日に向けて体をしっかり休めて、明日は明日でいい演技をしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る