史上初100点超え 羽生の飛躍に「金メダル請負人」の教え

公開日: 更新日:

 新時代到来だ。13日(日本時間14日未明)に行われた男子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)は、羽生結弦(19)が完璧な演技で101.45点をマーク。SPでは史上初の100点超えでトップに立った。

 世界選手権3連覇のパトリック・チャン(23・カナダ)は、トリプルアクセル(3A)の着氷でバランスを崩しながらも、97.52点で2位につけた。

 第4組の1番手に登場した羽生は、ブルースロックの「パリの散歩道」が流れ出すと、静かに滑り出す。

 最初の4回転トーループを決めると、続く3アクセルも成功。3ルッツ―3トーループのコンビネーションジャンプもノーミス着氷。華麗なステップでも観客たちを魅了。「金メダルに最も近い」といわれてきたチャンに3.93点差をつけた。

「(完璧には)まだまだ程遠いです。五輪ということで足が震えた。でも、やれることはやれた。日本人としてSPの結果は誇らしいと思う。明日に向けて体をしっかり休めて、明日は明日でいい演技をしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る