日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上初100点超え 羽生の飛躍に「金メダル請負人」の教え

 新時代到来だ。13日(日本時間14日未明)に行われた男子フィギュアスケートのショートプログラム(SP)は、羽生結弦(19)が完璧な演技で101.45点をマーク。SPでは史上初の100点超えでトップに立った。

 世界選手権3連覇のパトリック・チャン(23・カナダ)は、トリプルアクセル(3A)の着氷でバランスを崩しながらも、97.52点で2位につけた。

 第4組の1番手に登場した羽生は、ブルースロックの「パリの散歩道」が流れ出すと、静かに滑り出す。

 最初の4回転トーループを決めると、続く3アクセルも成功。3ルッツ―3トーループのコンビネーションジャンプもノーミス着氷。華麗なステップでも観客たちを魅了。「金メダルに最も近い」といわれてきたチャンに3.93点差をつけた。

「(完璧には)まだまだ程遠いです。五輪ということで足が震えた。でも、やれることはやれた。日本人としてSPの結果は誇らしいと思う。明日に向けて体をしっかり休めて、明日は明日でいい演技をしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事