原監督“遠隔采配”的中 巨人橋本“昇格即大暴れ”までの道のり

公開日: 更新日:

 16日のDeNA戦で巨人の橋本到(24)が一軍昇格、即「3番・中堅」でスタメン出場し、いきなり大暴れした。

 一回1死二塁で中越えの先制適時二塁打を放つと、続く三回にも右翼線を破る二塁打。七回には右翼席に2ランを叩き込んだ。一発を含む3安打3打点3得点。DeNA先発の高崎から昨季7打数3安打という相性の良さを買われた。インフルエンザで自宅療養中の原監督に代わり、2試合目の指揮を執った川相監督代行がこう言った。

「練習前に(電話で)監督に(橋本が)7の3と伝えたら、『(前日の)亀井のところの3番で』とアドバイスされた」

 とはいえ、開幕したばかりの3月29日に二軍に落としたのもまた原監督だった。橋本は「二軍にいる時もただ単に悔しかった。一軍でやる思いを忘れずにいたことが良い結果につながった」と歯ぎしりしながら、この日を迎えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る