工藤SB、原巨人…「大将の権威」なき監督がプロ野球を壊す

公開日:  更新日:

 今年のプロ野球の話題を独占しているのは、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。メジャーから20億円ともいわれるオファーが届きながら、ラブコールを受けていた古巣に年俸4億円で戻った。ファンやマスコミはそれを「男気ある決断」と持ち上げるが、黒田は引退も考えていたというから、メジャーで20億円に見合うだけの活躍ができるか自信がなかったのかもしれない。

 その真偽はともかく、黒田は広島時代(97~07年)もメジャー時代(08~14年)も、痛いの痒いの言わず黙々と投げてきた。打線の援護がなくても、バックがエラーしても、ふてくされた態度は見せたことがない。自分に与えられた仕事を精いっぱいこなす“職人”のにおいを残す選手だ。

 今の球界を見渡すと、黒田のような選手はめっきり減った。昔は投手も野手も技術をきわめようと、それこそ「奇人」「変人」と呼ばれるような選手がたくさんいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る