工藤SB、原巨人…「大将の権威」なき監督がプロ野球を壊す

公開日:  更新日:

 今年のプロ野球の話題を独占しているのは、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。メジャーから20億円ともいわれるオファーが届きながら、ラブコールを受けていた古巣に年俸4億円で戻った。ファンやマスコミはそれを「男気ある決断」と持ち上げるが、黒田は引退も考えていたというから、メジャーで20億円に見合うだけの活躍ができるか自信がなかったのかもしれない。

 その真偽はともかく、黒田は広島時代(97~07年)もメジャー時代(08~14年)も、痛いの痒いの言わず黙々と投げてきた。打線の援護がなくても、バックがエラーしても、ふてくされた態度は見せたことがない。自分に与えられた仕事を精いっぱいこなす“職人”のにおいを残す選手だ。

 今の球界を見渡すと、黒田のような選手はめっきり減った。昔は投手も野手も技術をきわめようと、それこそ「奇人」「変人」と呼ばれるような選手がたくさんいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る