工藤SB、原巨人…「大将の権威」なき監督がプロ野球を壊す

公開日: 更新日:

 今年のプロ野球の話題を独占しているのは、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。メジャーから20億円ともいわれるオファーが届きながら、ラブコールを受けていた古巣に年俸4億円で戻った。ファンやマスコミはそれを「男気ある決断」と持ち上げるが、黒田は引退も考えていたというから、メジャーで20億円に見合うだけの活躍ができるか自信がなかったのかもしれない。

 その真偽はともかく、黒田は広島時代(97~07年)もメジャー時代(08~14年)も、痛いの痒いの言わず黙々と投げてきた。打線の援護がなくても、バックがエラーしても、ふてくされた態度は見せたことがない。自分に与えられた仕事を精いっぱいこなす“職人”のにおいを残す選手だ。

 今の球界を見渡すと、黒田のような選手はめっきり減った。昔は投手も野手も技術をきわめようと、それこそ「奇人」「変人」と呼ばれるような選手がたくさんいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る