特別扱いに募るイライラ 澤穂希の“爆発”に周囲ヤキモキ

公開日:  更新日:

 このままだと「神」になってしまいそうな勢いである。現役引退を表明したばかりのINAC神戸のMF澤穂希(37)だ。

 16日に「今季限りで引退します。残り3試合の皇后杯でチームメートと優勝の喜びを分かち合いたい」と話した澤。19日の皇后杯・準々決勝のAS埼玉戦に先発し、チームは2―0で準決勝にコマを進めた。この試合で澤は、ゴールに絡んだワケでもなかったが、各メディアのヨイショぶりは尋常ではなかった。佐々木なでしこジャパン監督も「今季一番のデキだった。実は(16年)リオ五輪メンバーの構想に入っていた」とリップサービスである。

「昨シーズン途中から澤は、自身のパフォーマンス低下に悩み、ずっと引退時期を探っていた。もう代表レベルにないことを佐々木監督も承知していながら、それで構想内なんてウソをつかざるを得ない。それもこれも澤が“アンタッチャブルな存在”になってしまっているからです。女子サッカー人気を牽引し、11年W杯優勝、12年五輪銀メダル獲得の原動力にして、国民栄誉賞(チームでの受賞)も受けた。澤にシビアな意見を言ったり、批判することがご法度になってしまった」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る