特別扱いに募るイライラ 澤穂希の“爆発”に周囲ヤキモキ

公開日:  更新日:

 このままだと「神」になってしまいそうな勢いである。現役引退を表明したばかりのINAC神戸のMF澤穂希(37)だ。

 16日に「今季限りで引退します。残り3試合の皇后杯でチームメートと優勝の喜びを分かち合いたい」と話した澤。19日の皇后杯・準々決勝のAS埼玉戦に先発し、チームは2―0で準決勝にコマを進めた。この試合で澤は、ゴールに絡んだワケでもなかったが、各メディアのヨイショぶりは尋常ではなかった。佐々木なでしこジャパン監督も「今季一番のデキだった。実は(16年)リオ五輪メンバーの構想に入っていた」とリップサービスである。

「昨シーズン途中から澤は、自身のパフォーマンス低下に悩み、ずっと引退時期を探っていた。もう代表レベルにないことを佐々木監督も承知していながら、それで構想内なんてウソをつかざるを得ない。それもこれも澤が“アンタッチャブルな存在”になってしまっているからです。女子サッカー人気を牽引し、11年W杯優勝、12年五輪銀メダル獲得の原動力にして、国民栄誉賞(チームでの受賞)も受けた。澤にシビアな意見を言ったり、批判することがご法度になってしまった」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る