特別扱いに募るイライラ 澤穂希の“爆発”に周囲ヤキモキ

公開日: 更新日:

 このままだと「神」になってしまいそうな勢いである。現役引退を表明したばかりのINAC神戸のMF澤穂希(37)だ。

 16日に「今季限りで引退します。残り3試合の皇后杯でチームメートと優勝の喜びを分かち合いたい」と話した澤。19日の皇后杯・準々決勝のAS埼玉戦に先発し、チームは2―0で準決勝にコマを進めた。この試合で澤は、ゴールに絡んだワケでもなかったが、各メディアのヨイショぶりは尋常ではなかった。佐々木なでしこジャパン監督も「今季一番のデキだった。実は(16年)リオ五輪メンバーの構想に入っていた」とリップサービスである。

「昨シーズン途中から澤は、自身のパフォーマンス低下に悩み、ずっと引退時期を探っていた。もう代表レベルにないことを佐々木監督も承知していながら、それで構想内なんてウソをつかざるを得ない。それもこれも澤が“アンタッチャブルな存在”になってしまっているからです。女子サッカー人気を牽引し、11年W杯優勝、12年五輪銀メダル獲得の原動力にして、国民栄誉賞(チームでの受賞)も受けた。澤にシビアな意見を言ったり、批判することがご法度になってしまった」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る