現役に終止符の澤穂希 指導者適性に「?」マーク付く理由

公開日: 更新日:

「自分がそういう(指導者としてやっていく)気持ちになったら、ライセンスを取るとかするかもしれません。澤穂希にしかできない仕事があるなら、積極的にやっていきたい」

 17日、引退会見をした澤穂希(37)が、今後に関してこう言った。

 サッカー女子日本代表のエースが現役生活に終止符を打った。ファンや周囲はもちろん、これからに期待する。指導者として若きなでしこたちを牽引していけるようなら、それがベストかもしれない。

 実際、所属するINAC神戸では、監督のミーティング後、澤が改めてイレブンを集めてリーダーシップを発揮することもある。

 しかし、チームリーダーと指導者とは、まったくの別物。「チームの精神的支柱というか、リーダーにはなれても指導者には不向き」とは、さるマスコミ関係者。澤自身も「感覚派なので、指導者は難しい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  8. 8

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  9. 9

    デパート跡地はタワマンか商業施設か 失敗でゴースト化も

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る