日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現役に終止符の澤穂希 指導者適性に「?」マーク付く理由

「自分がそういう(指導者としてやっていく)気持ちになったら、ライセンスを取るとかするかもしれません。澤穂希にしかできない仕事があるなら、積極的にやっていきたい」

 17日、引退会見をした澤穂希(37)が、今後に関してこう言った。

 サッカー女子日本代表のエースが現役生活に終止符を打った。ファンや周囲はもちろん、これからに期待する。指導者として若きなでしこたちを牽引していけるようなら、それがベストかもしれない。

 実際、所属するINAC神戸では、監督のミーティング後、澤が改めてイレブンを集めてリーダーシップを発揮することもある。

 しかし、チームリーダーと指導者とは、まったくの別物。「チームの精神的支柱というか、リーダーにはなれても指導者には不向き」とは、さるマスコミ関係者。澤自身も「感覚派なので、指導者は難しい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事