G内海が炎上6失点…由伸監督の信頼グラリでローテ落ち危機

公開日: 更新日:

「下半身を鍛えて上半身にパワーを伝える。それが指先にかかるよう、メカニックを見直す」と話し、秋のキャンプに5年ぶりに内海を呼んだものの、今度は左肩痛で投球練習ができなかった。このオフはキレを取り戻すためのトレーニングを積んできたが、阪神打線にボコボコにされたことで、追い求めていたものが戻っていないことが証明された。

 残るローテ争いは若手の田口や今村らがしのぎを削る。勝手にコケたベテランに、由伸監督はそれでもチャンスを与え続けるのか。監督としての最初の大きな仕事は、内海へのローテ落ち通告になるかもしれない。

 昨季13勝でチーム勝ち頭だったマイコラスは右肩痛で開幕絶望。期待していた元エースの復活も遠のいた。先発陣でアテになるのは菅野ただ一人の状況では、昨季リーグトップの防御率を誇った投手陣も苦しい船出となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る