ようやくブルペン入り…G内海“特別扱い”のタイムリミット

公開日: 更新日:

 やっと投げた。

 巨人の内海哲也(33)が25日、ジャイアンツ球場で初めてブルペンに入り、捕手を立たせて14球。「肩の痛みはなかった。キャッチボールの延長線上だけど、宮崎に行く前に1回投げておきたかった」と話した。

 昨年は開幕前の3月に左前腕部炎症のため離脱。これが尾を引き、わずか5試合の登板で2勝1敗、防御率5.01に終わった。

 昨秋に高橋由伸監督(40)が就任。期待する選手に「内海」と名前を挙げられた。その後、秋のキャンプに参加したものの、今度は左肩を痛めた影響でノースロー。じれったいオフを過ごしていた。

 今季からチームの選手会副会長に菅野が就任することが決定。エースの称号はとっくに譲っていたが、名実ともに投手陣のリーダーの座も失った。が、どんどん影が薄くなる元エ-スにも味方がいる。今季から一軍担当の尾花高夫投手コーチ(57)が、復活を重要課題に挙げているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る