巨人ドラ1桜井 派手さないが「実践向き投手」と他球団警戒

公開日: 更新日:

 巨人の長嶋終身名誉監督はチームを率いていた際、新人や若手選手の評価基準に「見た目」を重視することがあった。

 報道陣に、○○はどうですかね? と聞かれ、「いいものを持ってるけど、顔がねえ」と答えることが珍しくなく、苦笑いする記者を、「いや、見た目はバカにできないんだぞ」とたしなめ、独自の視点で選手のスター性を探ったものだ。

 その点、今年の巨人のドラフト1位投手・桜井俊貴(22=立命大)は、外見にも実績にも派手さはない。

 オープン戦初登板となった4日のオリックス戦でも、5回を4安打2失点と開幕ローテ入りへ向け、強烈な印象を残すには至らなかった。

「特筆すべきボールがなく見栄えがしないのは確か。けど、4安打3四球で再三走者を背負いながら自責点1で切り抜けたのは、勝負どころでボールを低めに集められるから。三回の無死一塁、その後の1死一、二塁では併殺を狙って、いずれも注文通りにゴロを打たせた。実戦向きだと思う」(他球団スコアラー)

 誰が見ても凄いと思わせる投手じゃないが、こういうタイプが案外、結果を残すものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

  10. 10

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

もっと見る