巨人ドラ1桜井 派手さないが「実践向き投手」と他球団警戒

公開日:  更新日:

 巨人の長嶋終身名誉監督はチームを率いていた際、新人や若手選手の評価基準に「見た目」を重視することがあった。

 報道陣に、○○はどうですかね? と聞かれ、「いいものを持ってるけど、顔がねえ」と答えることが珍しくなく、苦笑いする記者を、「いや、見た目はバカにできないんだぞ」とたしなめ、独自の視点で選手のスター性を探ったものだ。

 その点、今年の巨人のドラフト1位投手・桜井俊貴(22=立命大)は、外見にも実績にも派手さはない。

 オープン戦初登板となった4日のオリックス戦でも、5回を4安打2失点と開幕ローテ入りへ向け、強烈な印象を残すには至らなかった。

「特筆すべきボールがなく見栄えがしないのは確か。けど、4安打3四球で再三走者を背負いながら自責点1で切り抜けたのは、勝負どころでボールを低めに集められるから。三回の無死一塁、その後の1死一、二塁では併殺を狙って、いずれも注文通りにゴロを打たせた。実戦向きだと思う」(他球団スコアラー)

 誰が見ても凄いと思わせる投手じゃないが、こういうタイプが案外、結果を残すものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る