2ケタ勝利以下なら引導も 巨人・内海は高橋体制で崖っぷち

公開日:  更新日:

 新監督はこの日も精力的に動いた。

 宮崎市で秋季キャンプを行う巨人の高橋由伸新監督(40)は8日、今季は左前腕部の故障もあって、わずか2勝に終わった内海哲也(33)に熱視線。特守で右へ左へ走らせるノッカーの尾花投手コーチの傍らに立つと、「まだ笑顔が出るくらいだから大丈夫だ!!」と激励の声を掛け、ノックが終わるまで見続けた。

 監督就任会見の際、投手陣では「菅野、内海あたりが中心にならないと強くならない。彼らには頑張ってもらいたい」とキーマンに挙げていた指揮官に内海も呼応。「今年ボクがしっかりしていれば優勝していた。悔しいシーズン。監督が代わらなくても来年はやらないといけないけど、由伸さんが監督になって、より一層気持ちが強くなった。きついけど下半身をつくってオフのトレーニングの土台にしたい。去年? 走っているつもりだったけど、(試合で2度)つってしまったのは原因がある」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る