2ケタ勝利以下なら引導も 巨人・内海は高橋体制で崖っぷち

公開日: 更新日:

 新監督はこの日も精力的に動いた。

 宮崎市で秋季キャンプを行う巨人高橋由伸新監督(40)は8日、今季は左前腕部の故障もあって、わずか2勝に終わった内海哲也(33)に熱視線。特守で右へ左へ走らせるノッカーの尾花投手コーチの傍らに立つと、「まだ笑顔が出るくらいだから大丈夫だ!!」と激励の声を掛け、ノックが終わるまで見続けた。

 監督就任会見の際、投手陣では「菅野、内海あたりが中心にならないと強くならない。彼らには頑張ってもらいたい」とキーマンに挙げていた指揮官に内海も呼応。「今年ボクがしっかりしていれば優勝していた。悔しいシーズン。監督が代わらなくても来年はやらないといけないけど、由伸さんが監督になって、より一層気持ちが強くなった。きついけど下半身をつくってオフのトレーニングの土台にしたい。去年? 走っているつもりだったけど、(試合で2度)つってしまったのは原因がある」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る