全力スロー無理…巨人・阿部「右肩故障」で捕手復帰遠のく

公開日: 更新日:

 1日に内野手から捕手へ守備位置登録の変更が公示されたばかりの巨人阿部慎之助(36)。調整が遅れ、その捕手復帰が厳しい状況に追い込まれているという。

 宮崎キャンプではベテラン待遇のスペシャル班として独自調整を許された。沖縄2次キャンプから一軍本隊に合流すると、急激なペースアップにより、オーバーワークとなってしまった。理由は「上半身のコンディション不良」とされていたが、関係者の話を総合すると、「右肩」を痛めていることが判明したのだ。

「最近の古傷は首や下半身だったが、右肩も08年に牽制球で帰塁する際に『右肩関節挫傷』の重症を負ったことがある。現在、打撃練習は行っている。キャッチボールもできるが、全力で投げていなかった。いや、投げられなかったのです。仮に開幕までに投げられる状態になったとしても、由伸監督は手負いの阿部を激務の捕手に戻すことはないだろうともっぱら。再発の恐れもあるし、もっと深刻なら一塁を守るのだって厳しい。なんとか一塁で出られる状態にはしてくれ、と願う気持ちでしょう」(球界事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  5. 5

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る