ポレダ急騰もマイコが心配 巨人外国人投手は明暗分かれる

公開日: 更新日:

 日本ハムの大谷が162キロをマークして札幌ドームをどよめかせる中、巨人先発のアーロン・ポレダ(29)も左腕から150キロ超えの速球を連発。「結果は満足」と5回2失点で開幕ローテーションを手繰り寄せた。

 高橋監督、尾花投手コーチの信頼度は高い。時期を見て救援に回る構想もあるが、内海は当落線上、手術明けの杉内が不在の中、当面は貴重な左腕エースとしてフル回転しそうだ。

 昨季は8勝8敗ながら年俸は6300万円から1億6000万円に大幅アップ。巨人2年目はやる気に燃えているという。

「ポレダにとっては想定外の昇給幅だったようで、感激することしきり。球団や由伸監督に恩返しを誓っています。日本人に感覚が近い外国人。普通は年俸が大幅に上がると、途端にやる気を失ったり、複数年契約の場合は最終年しか働かないという助っ人が多いのに、ポレダはマジメ。心配なのはマイコラスの方です」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る