球宴後に進言 ボストン主砲オルティスにタンパリング疑惑

公開日: 更新日:

 引退間近のスター選手にケチが付いた。

 大リーグ機構(MLB)はレッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手が公の場で他球団の選手の獲得を進言したとして近く調査に乗り出すという。複数の米メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、オルティスは12日に行われたオールスター戦(サンディエゴ)後に米メディアの取材に自身が抜ける来季のクリーンアップとして「エドウィン・エンカーナシオンが最適だと思う」とブルージェイズの主砲を獲得すべきと発言。さらに先発投手の補強候補としてマーリンズの右腕ホセ・フェルナンデスを挙げた。

 MLBでは選手や監督が補強に関して他球団の選手のことを口にするのはタンパリング(事前交渉)になるため禁じられている。発言が事実なら、オルティスには罰金が科される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る