• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球宴後に進言 ボストン主砲オルティスにタンパリング疑惑

 引退間近のスター選手にケチが付いた。

 大リーグ機構(MLB)はレッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手が公の場で他球団の選手の獲得を進言したとして近く調査に乗り出すという。複数の米メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、オルティスは12日に行われたオールスター戦(サンディエゴ)後に米メディアの取材に自身が抜ける来季のクリーンアップとして「エドウィン・エンカーナシオンが最適だと思う」とブルージェイズの主砲を獲得すべきと発言。さらに先発投手の補強候補としてマーリンズの右腕ホセ・フェルナンデスを挙げた。

 MLBでは選手や監督が補強に関して他球団の選手のことを口にするのはタンパリング(事前交渉)になるため禁じられている。発言が事実なら、オルティスには罰金が科される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る