球宴後に進言 ボストン主砲オルティスにタンパリング疑惑

公開日:  更新日:

 引退間近のスター選手にケチが付いた。

 大リーグ機構(MLB)はレッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手が公の場で他球団の選手の獲得を進言したとして近く調査に乗り出すという。複数の米メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、オルティスは12日に行われたオールスター戦(サンディエゴ)後に米メディアの取材に自身が抜ける来季のクリーンアップとして「エドウィン・エンカーナシオンが最適だと思う」とブルージェイズの主砲を獲得すべきと発言。さらに先発投手の補強候補としてマーリンズの右腕ホセ・フェルナンデスを挙げた。

 MLBでは選手や監督が補強に関して他球団の選手のことを口にするのはタンパリング(事前交渉)になるため禁じられている。発言が事実なら、オルティスには罰金が科される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る