• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球宴後に進言 ボストン主砲オルティスにタンパリング疑惑

 引退間近のスター選手にケチが付いた。

 大リーグ機構(MLB)はレッドソックスの主砲デービッド・オルティス内野手が公の場で他球団の選手の獲得を進言したとして近く調査に乗り出すという。複数の米メディアが14日(日本時間15日)に伝えている。

 報道によれば、オルティスは12日に行われたオールスター戦(サンディエゴ)後に米メディアの取材に自身が抜ける来季のクリーンアップとして「エドウィン・エンカーナシオンが最適だと思う」とブルージェイズの主砲を獲得すべきと発言。さらに先発投手の補強候補としてマーリンズの右腕ホセ・フェルナンデスを挙げた。

 MLBでは選手や監督が補強に関して他球団の選手のことを口にするのはタンパリング(事前交渉)になるため禁じられている。発言が事実なら、オルティスには罰金が科される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る