日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本の球児ため息…米ドラフト1位モニアクは契約金6億円

 日本の6倍である。

 さる9日の全米ドラフト会議でフィリーズから全体1位指名されたカリフォルニア州の高校生外野手、ミッキー・モニアクが日本時間の昨21日、正式契約を交わした。契約金は610万ドル(約6億4100万円)。最高標準額という形で「1億円プラス出来高5000万円」とする“上限”の申し合わせ事項に縛られる日本のドラフト選手からすれば、ため息の出るような金額だろう。

 左打ちのモニアクは188センチ、84キロの体格で走攻守三拍子揃った好選手と評価されている。破格の先行投資に見合う能力と判断されたわけだが、フィリーズだけが特別ではない。代理人が有力アマ選手を青田買いするようになったこともあり、米国では新人選手の契約金が高騰。08年ドラフトではレイズから全体1位で指名された遊撃手のティム・ベッカムが、高校生史上最高額となる615万ドル(約6億4600万円)もの大金を手にしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事