日本の球児ため息…米ドラフト1位モニアクは契約金6億円

公開日: 更新日:

 日本の6倍である。

 さる9日の全米ドラフト会議でフィリーズから全体1位指名されたカリフォルニア州の高校生外野手、ミッキー・モニアクが日本時間の昨21日、正式契約を交わした。契約金は610万ドル(約6億4100万円)。最高標準額という形で「1億円プラス出来高5000万円」とする“上限”の申し合わせ事項に縛られる日本のドラフト選手からすれば、ため息の出るような金額だろう。

 左打ちのモニアクは188センチ、84キロの体格で走攻守三拍子揃った好選手と評価されている。破格の先行投資に見合う能力と判断されたわけだが、フィリーズだけが特別ではない。代理人が有力アマ選手を青田買いするようになったこともあり、米国では新人選手の契約金が高騰。08年ドラフトではレイズから全体1位で指名された遊撃手のティム・ベッカムが、高校生史上最高額となる615万ドル(約6億4600万円)もの大金を手にしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る