ドーピングが原因か? メジャーで本塁打激増が物議醸す

公開日: 更新日:

 禁止薬物が蔓延しているのはロシアの陸上界だけではない。MLBにも同様にドーピング疑惑が浮上しているのだ。

 今季のメジャーリーグでは本塁打数が激増。10日に終了した前半戦の本塁打数は1試合平均2.32本。昨季の1.90本から大幅に増えて、00年の2.56本に次ぐ本塁打数だという。

 00年は後にドーピング違反が明らかになったサミー・ソーサ(当時カブス)が50本塁打を放ってホームランキングになった年だ。当時はマーク・マグワイア(カージナルス)、バリー・ボンズ(ジャイアンツ)らの強打者が競い合うように禁止薬物に手を出して本塁打を量産していた時代だ。

 今季は開幕直後にマーリンズでイチローと同僚のディー・ゴードン内野手(28)のドーピング違反が発覚するなど、13人が禁止薬物で処罰された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る