偉業達成目前のイチローは出場機会激減も“秒読み”段階

公開日: 更新日:

 安打を積み重ねれば積み重ねるほど居場所がなくなりそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)が6日(日本時間7日)のメッツ戦に九回代打で出場。1死一塁で打席に立つと相手の守護神ファミリアの高速シンカーにタイミングを崩されて遊ゴロ併殺に倒れた。メジャー通算3000安打まで残り「10」のまま。

 大台到達までカウントダウンに入っているが、不慮の事故で亡くなった往年の大打者ロベルト・クレメンテに並ぶ歴代29位タイの3000安打に達した途端に、これまで以上に出場機会は激減しかねないからだ。

 何しろ今季のマーリンズは開幕から好調を維持し、44勝41敗の勝率5割1分8厘で首位ナショナルズとは6.5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。

 世界一になった03年以来13年ぶりのポストシーズン進出を狙える位置に付けているだけに、ビジネス優先だったジェフリー・ロリア・オーナーも本気だ。リリーフ陣の厚みを増すため、パドレスから14年のセーブ王ロドニーを獲得するなど積極的な強化を図っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る