• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偉業達成目前のイチローは出場機会激減も“秒読み”段階

 安打を積み重ねれば積み重ねるほど居場所がなくなりそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)が6日(日本時間7日)のメッツ戦に九回代打で出場。1死一塁で打席に立つと相手の守護神ファミリアの高速シンカーにタイミングを崩されて遊ゴロ併殺に倒れた。メジャー通算3000安打まで残り「10」のまま。

 大台到達までカウントダウンに入っているが、不慮の事故で亡くなった往年の大打者ロベルト・クレメンテに並ぶ歴代29位タイの3000安打に達した途端に、これまで以上に出場機会は激減しかねないからだ。

 何しろ今季のマーリンズは開幕から好調を維持し、44勝41敗の勝率5割1分8厘で首位ナショナルズとは6.5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。

 世界一になった03年以来13年ぶりのポストシーズン進出を狙える位置に付けているだけに、ビジネス優先だったジェフリー・ロリア・オーナーも本気だ。リリーフ陣の厚みを増すため、パドレスから14年のセーブ王ロドニーを獲得するなど積極的な強化を図っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る