偉業達成目前のイチローは出場機会激減も“秒読み”段階

公開日:  更新日:

 安打を積み重ねれば積み重ねるほど居場所がなくなりそうだ。

 マーリンズ・イチロー(42)が6日(日本時間7日)のメッツ戦に九回代打で出場。1死一塁で打席に立つと相手の守護神ファミリアの高速シンカーにタイミングを崩されて遊ゴロ併殺に倒れた。メジャー通算3000安打まで残り「10」のまま。

 大台到達までカウントダウンに入っているが、不慮の事故で亡くなった往年の大打者ロベルト・クレメンテに並ぶ歴代29位タイの3000安打に達した途端に、これまで以上に出場機会は激減しかねないからだ。

 何しろ今季のマーリンズは開幕から好調を維持し、44勝41敗の勝率5割1分8厘で首位ナショナルズとは6.5ゲーム差のナ・リーグ東地区3位。

 世界一になった03年以来13年ぶりのポストシーズン進出を狙える位置に付けているだけに、ビジネス優先だったジェフリー・ロリア・オーナーも本気だ。リリーフ陣の厚みを増すため、パドレスから14年のセーブ王ロドニーを獲得するなど積極的な強化を図っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る