イチロー「3000安打」Xデー 1カ月後まで“お預け”の可能性

公開日: 更新日:

 たかが10本、されど10本ではないか。メジャー史上30人目の3000安打まで残り「10」本に迫ったイチロー(42)の偉業達成が、意外にも先になりそうだからだ。

 というのも「4人目の外野手」のイチローが6日(日本時間7日)現在、71試合に出場、55本の安打を打っているのは、マーリンズの主砲・スタントン外野手(26)が開幕から不振だったことが大きい。

 14年には37本塁打で初のタイトルを獲得。15年から北米プロスポーツ史上最高の年俸総額(13年約325億円)でマーリンズと契約を結んだ長距離砲が5月に4打席4三振、6月には打率2割を切ったことも。リフレッシュ休暇を取らされるケースが多かった分、イチローに出場機会が回ってきていたからだ。

 そのスタントンがようやく、本調子を取り戻しつつある。5、6日のメッツ戦で2本ずつ本塁打を放つなど、2試合で5安打7打点。「まだ完全じゃない」と本人は話しているものの、ボンズ打撃コーチとの特訓が実を結びつつあるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る