イチロー「3000安打」Xデー 1カ月後まで“お預け”の可能性

公開日: 更新日:

 たかが10本、されど10本ではないか。メジャー史上30人目の3000安打まで残り「10」本に迫ったイチロー(42)の偉業達成が、意外にも先になりそうだからだ。

 というのも「4人目の外野手」のイチローが6日(日本時間7日)現在、71試合に出場、55本の安打を打っているのは、マーリンズの主砲・スタントン外野手(26)が開幕から不振だったことが大きい。

 14年には37本塁打で初のタイトルを獲得。15年から北米プロスポーツ史上最高の年俸総額(13年約325億円)でマーリンズと契約を結んだ長距離砲が5月に4打席4三振、6月には打率2割を切ったことも。リフレッシュ休暇を取らされるケースが多かった分、イチローに出場機会が回ってきていたからだ。

 そのスタントンがようやく、本調子を取り戻しつつある。5、6日のメッツ戦で2本ずつ本塁打を放つなど、2試合で5安打7打点。「まだ完全じゃない」と本人は話しているものの、ボンズ打撃コーチとの特訓が実を結びつつあるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る