イチロー「3000安打」Xデー 1カ月後まで“お預け”の可能性

公開日:  更新日:

 たかが10本、されど10本ではないか。メジャー史上30人目の3000安打まで残り「10」本に迫ったイチロー(42)の偉業達成が、意外にも先になりそうだからだ。

 というのも「4人目の外野手」のイチローが6日(日本時間7日)現在、71試合に出場、55本の安打を打っているのは、マーリンズの主砲・スタントン外野手(26)が開幕から不振だったことが大きい。

 14年には37本塁打で初のタイトルを獲得。15年から北米プロスポーツ史上最高の年俸総額(13年約325億円)でマーリンズと契約を結んだ長距離砲が5月に4打席4三振、6月には打率2割を切ったことも。リフレッシュ休暇を取らされるケースが多かった分、イチローに出場機会が回ってきていたからだ。

 そのスタントンがようやく、本調子を取り戻しつつある。5、6日のメッツ戦で2本ずつ本塁打を放つなど、2試合で5安打7打点。「まだ完全じゃない」と本人は話しているものの、ボンズ打撃コーチとの特訓が実を結びつつあるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る