• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー「3000安打」Xデー 1カ月後まで“お預け”の可能性

 たかが10本、されど10本ではないか。メジャー史上30人目の3000安打まで残り「10」本に迫ったイチロー(42)の偉業達成が、意外にも先になりそうだからだ。

 というのも「4人目の外野手」のイチローが6日(日本時間7日)現在、71試合に出場、55本の安打を打っているのは、マーリンズの主砲・スタントン外野手(26)が開幕から不振だったことが大きい。

 14年には37本塁打で初のタイトルを獲得。15年から北米プロスポーツ史上最高の年俸総額(13年約325億円)でマーリンズと契約を結んだ長距離砲が5月に4打席4三振、6月には打率2割を切ったことも。リフレッシュ休暇を取らされるケースが多かった分、イチローに出場機会が回ってきていたからだ。

 そのスタントンがようやく、本調子を取り戻しつつある。5、6日のメッツ戦で2本ずつ本塁打を放つなど、2試合で5安打7打点。「まだ完全じゃない」と本人は話しているものの、ボンズ打撃コーチとの特訓が実を結びつつあるともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る