右腕張りのヤンキース田中 首脳陣に見守られ投球練習再開

公開日: 更新日:

 右前腕部の張りで26日(日本時間27日)のブルージェイズ戦の登板を回避したヤンキース・田中将大(27)が、29日(同30日)に投球練習を再開。首脳陣が見守る中、ブルペンで35球を投げた。

 当初は10月1日(同2日)のオリオールズ戦に登板予定だったが、ジラルディ監督は「投げさせるかどうかは未定」としている。

 今季31試合で199回3分の2に登板し、14勝4敗、防御率3.07。一流投手の証しとされる年間200イニングまで残り3分の1と迫っている。

 チームはレギュラーシーズン4試合を残し、2チームが出場するワイルドカード争いで2位オリオールズと4ゲーム差の6位。ポストシーズン進出は絶望的な状況だけに、指揮官は肘に不安を抱えるエース右腕の起用に二の足を踏んでいるとみられる。

 一流投手の称号を得るのは来季以降に持ち越しとなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る