日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肘に張りで次戦回避 ヤンキース田中“フル回転”の代償

 深刻な故障が再発か。

 ヤンキースは22日(日本時間23日)、田中将大(27)が右前腕部に張りを訴えたため、26日(同27日)のブルージェイズ戦の登板を回避すると発表。今後の状態を見極め、自身のレギュラーシーズン最終戦となる10月1日のオリオールズ戦には登板する予定だという。

 田中は、メジャー自己最多の14勝目(4敗)を挙げた21日のレイズ戦(セントピーターズバーグ)で自己ワーストの4本塁打を浴びた。試合前に2.97とリーグトップだった防御率は3.07まで下がった(首位はキープ)。試合後に右肘の違和感を訴え、22日にMRI検査を受けたところ肘に張りが見つかったという。

 田中は「(戦列には)絶対に戻るつもりでいる。(患部の)不安は全くない」と今季最終戦での登板に意欲を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事