防御率タイトル目前も ヤンキース田中将大に足りないもの

公開日: 更新日:

 初の栄誉が目前に迫っている。

 ア・リーグトップの防御率(3.07)をキープするヤンキースの田中将大(27=31試合14勝4敗)。2位のレッドソックス・ポーセロ(3.11)、3位のブルージェイズ・サンチェス(3.12)らライバルの今後の登板次第とはいえ、田中はメジャーでは自身史上初のタイトルホルダーになる。

 今季の田中はチームの先発陣でただひとり、開幕からローテーションを守った。打者有利とされるヤンキースタジアムで15試合に登板し、一時は防御率2点台をキープするなど、チームが低迷する中、孤軍奮闘した。一時は複数の米メディアがサイ・ヤング賞の有力候補に挙げるなど、メジャー3年目にして一定の評価を得たとはいえ、物足りない部分もある。

 エースでありながら、今季の完投は0。例えば最優秀防御率を争うポーセロは22勝(4敗)して2完投。サイ・ヤング賞候補であるインディアンス・クルーバーは3試合で完投している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る