日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

防御率タイトル目前も ヤンキース田中将大に足りないもの

 初の栄誉が目前に迫っている。

 ア・リーグトップの防御率(3.07)をキープするヤンキースの田中将大(27=31試合14勝4敗)。2位のレッドソックス・ポーセロ(3.11)、3位のブルージェイズ・サンチェス(3.12)らライバルの今後の登板次第とはいえ、田中はメジャーでは自身史上初のタイトルホルダーになる。

 今季の田中はチームの先発陣でただひとり、開幕からローテーションを守った。打者有利とされるヤンキースタジアムで15試合に登板し、一時は防御率2点台をキープするなど、チームが低迷する中、孤軍奮闘した。一時は複数の米メディアがサイ・ヤング賞の有力候補に挙げるなど、メジャー3年目にして一定の評価を得たとはいえ、物足りない部分もある。

 エースでありながら、今季の完投は0。例えば最優秀防御率を争うポーセロは22勝(4敗)して2完投。サイ・ヤング賞候補であるインディアンス・クルーバーは3試合で完投している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事