ダルに強力援軍 かつての女房役ナポリがレンジャーズ復帰

公開日:  更新日:

 ダルビッシュ有(30)が“復縁”である。

 レンジャーズは16日(日本時間17日)、インディアンスからFAになっていたマイク・ナポリ一塁手(35)の獲得を発表した。1年契約で年俸600万ドル(約6億8000万円)。18年は球団が選択権を持つ。2年ぶりのレンジャーズ復帰だ。

 レンジャーズ時代、捕手だったナポリは、ダルともバッテリーを組んだ。リードに加え、投手の好不調を見抜く洞察力にも定評があり、ダルをはじめ、投手陣の信頼は厚かった。

 レッドソックスにFA移籍した13年以降は強打を買われて一塁手に専念。ポジションは変わっても、投手に的確な助言を送ってきた。

 レッドソックス時代に同僚だった田沢(現マーリンズ)は、一塁のナポリから、わずかなフォームの乱れを指摘されて試合中に修正するなど、幾度となく救われたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る