日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズ売却も 18年日本開幕戦までイチロー安泰のワケ

 ベテラン外野手の周囲が騒がしい。イチロー(43)の所属するマーリンズが球団売却に動いている。

 9日(日本時間10日)、米経済誌「フォーブス」(電子版)によれば、すでに基本合意に達しており、売却額は16億ドル(約1813億円)。複数の米メディアは、ジェフリー・ロリア・オーナーの交渉相手をドナルド・トランプ大統領の上級顧問を務めるジャレッド・クシュナー氏を中心とした投資家グループと報じている。

 売却の時期は明らかになっていないものの、新オーナーの方針はイチローの去就に影響するか。チームが若返りを図ったり、逆に巨費を投じて大型補強を敢行すれば、ベテラン外野手は戦力外になりかねないからだ。

 イチローは昨年10月、マーリンズから17年の契約選択権を行使され、新たに18年の球団オプションも追加された。イチローの契約延長を発表した際、サムソン球団社長は「19年(の再契約)は分からないが、今後2年間はプレーしてもらう」と断言。フロントが18年に45歳になるベテランの契約延長を早々と明かしたのは、イチローを使ってひと儲けを企てているからにほかならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事