高卒2年目のSB高橋純平 3回4失点デビューの影響大丈夫か

公開日: 更新日:

 プロ初登板はだれしも緊張する。負担を少しでも軽くしようと、リードされている場面で起用した意図は分かる。しかし、いきなり一発を浴び、頭の中が真っ白になったであろう若手有望株に、さらなるダメージを与えてはむしろ逆効果。パックリとあいた傷口に塩をすり込むようなものではないか。

 14日のオリックス戦。5点を追う六回に15年のドラフト1位、プロ2年目の右腕・高橋純平(19)をマウンドに送った工藤監督の起用法のことだ。

 高橋は代わりばな、T―岡田にいきなり本塁打を浴びてしまう。この回限りで降板させてやればホロ苦デビューで済んだものの、工藤監督の手綱は緩まない。高橋は続く七回にも小谷野に一発を食らうと、八回は3連続長短打を浴びて傷口を広げた。結局3回を6安打2四球、4失点。点を失った以上に大きな精神的ダメージを負った高橋は果たして、立ち直れるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る