高卒2年目のSB高橋純平 3回4失点デビューの影響大丈夫か

公開日:  更新日:

 プロ初登板はだれしも緊張する。負担を少しでも軽くしようと、リードされている場面で起用した意図は分かる。しかし、いきなり一発を浴び、頭の中が真っ白になったであろう若手有望株に、さらなるダメージを与えてはむしろ逆効果。パックリとあいた傷口に塩をすり込むようなものではないか。

 14日のオリックス戦。5点を追う六回に15年のドラフト1位、プロ2年目の右腕・高橋純平(19)をマウンドに送った工藤監督の起用法のことだ。

 高橋は代わりばな、T―岡田にいきなり本塁打を浴びてしまう。この回限りで降板させてやればホロ苦デビューで済んだものの、工藤監督の手綱は緩まない。高橋は続く七回にも小谷野に一発を食らうと、八回は3連続長短打を浴びて傷口を広げた。結局3回を6安打2四球、4失点。点を失った以上に大きな精神的ダメージを負った高橋は果たして、立ち直れるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る