デスパイネも走る ソフトB打線が仕掛ける脅威の機動野球

公開日: 更新日:

 巨体を揺らして二塁に突進した。

 ソフトバンクのデスパイネ(30)がさる8日の西武戦で来日初の盗塁に成功した。昨年までのロッテ在籍3年間での盗塁は4度の企図ですべて失敗。イチかバチかの奇策にスタンドは沸いたが、どうやら奇策ではなかったらしい。なんと、翌9日の西武戦でも、アウトになったものの、果敢に二塁を狙ったのだ。

 12球団随一と言っていい強力打線の、それも5番を任される助っ人大砲までが、スキあらばスタートを切る。リーグ2位の107盗塁を記録した昨年以上に徹底されている印象だ。

 俊足の川島慶三(33)はこう話す。

「(ソフトバンクは)長打が多いイメージがあるかもしれないけど、その打線でも優勝できなかったら意味がない。スキがあったのも事実。優勝と2位の間を埋めるため、今年は走塁面の強化がチームのテーマです。内川(聖一)さんとか鶴岡(慎也)さんとか高谷(裕亮)さんとか、ベテランや足が速くない人、外国人選手でもチャンスがあれば走るようにしようと。改めて『走塁を意識する』と口酸っぱく言っていこうというのが、去年と今年の大きな変化ですね」

 強力打線に機動力。今季ソフトバンク戦の対戦投手はヘトヘトになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る