デスパイネも走る ソフトB打線が仕掛ける脅威の機動野球

公開日:

 巨体を揺らして二塁に突進した。

 ソフトバンクのデスパイネ(30)がさる8日の西武戦で来日初の盗塁に成功した。昨年までのロッテ在籍3年間での盗塁は4度の企図ですべて失敗。イチかバチかの奇策にスタンドは沸いたが、どうやら奇策ではなかったらしい。なんと、翌9日の西武戦でも、アウトになったものの、果敢に二塁を狙ったのだ。

 12球団随一と言っていい強力打線の、それも5番を任される助っ人大砲までが、スキあらばスタートを切る。リーグ2位の107盗塁を記録した昨年以上に徹底されている印象だ。

 俊足の川島慶三(33)はこう話す。

「(ソフトバンクは)長打が多いイメージがあるかもしれないけど、その打線でも優勝できなかったら意味がない。スキがあったのも事実。優勝と2位の間を埋めるため、今年は走塁面の強化がチームのテーマです。内川(聖一)さんとか鶴岡(慎也)さんとか高谷(裕亮)さんとか、ベテランや足が速くない人、外国人選手でもチャンスがあれば走るようにしようと。改めて『走塁を意識する』と口酸っぱく言っていこうというのが、去年と今年の大きな変化ですね」

 強力打線に機動力。今季ソフトバンク戦の対戦投手はヘトヘトになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る