デスパイネも走る ソフトB打線が仕掛ける脅威の機動野球

公開日:

 巨体を揺らして二塁に突進した。

 ソフトバンクのデスパイネ(30)がさる8日の西武戦で来日初の盗塁に成功した。昨年までのロッテ在籍3年間での盗塁は4度の企図ですべて失敗。イチかバチかの奇策にスタンドは沸いたが、どうやら奇策ではなかったらしい。なんと、翌9日の西武戦でも、アウトになったものの、果敢に二塁を狙ったのだ。

 12球団随一と言っていい強力打線の、それも5番を任される助っ人大砲までが、スキあらばスタートを切る。リーグ2位の107盗塁を記録した昨年以上に徹底されている印象だ。

 俊足の川島慶三(33)はこう話す。

「(ソフトバンクは)長打が多いイメージがあるかもしれないけど、その打線でも優勝できなかったら意味がない。スキがあったのも事実。優勝と2位の間を埋めるため、今年は走塁面の強化がチームのテーマです。内川(聖一)さんとか鶴岡(慎也)さんとか高谷(裕亮)さんとか、ベテランや足が速くない人、外国人選手でもチャンスがあれば走るようにしようと。改めて『走塁を意識する』と口酸っぱく言っていこうというのが、去年と今年の大きな変化ですね」

 強力打線に機動力。今季ソフトバンク戦の対戦投手はヘトヘトになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る