一軍合流が白紙に…ソフトB川崎を悩ます本拠地の人工芝

公開日:

 たかが芝、されど芝――。

 古巣ソフトバンクに電撃復帰した川崎宗則(35)の一軍昇格が遠のいた。本来なら14日のオリックス戦で一軍に合流するはずが、体調不良により断念。16日の故郷・鹿児島で行われる試合にも出場できないというのだから、よほど状態が悪いのだろう。

 川崎を苦しめているものは2つ。米国帰りにありがちな時差ぼけは時間が解決するとはいえ、厄介なのが人工芝による下半身への負担だ。

 天然芝の球場が大半の米国と異なり、日本のそれは人工芝がほとんど。パの本拠地で天然芝の球場は楽天だけだ。さらにタイミングの悪いことに、昨年から稼働しているソフトバンクの筑後の二軍施設も、メーン球場は人工芝。土のサブグラウンドもあるにはあるが、こちらは主に社会人との練習試合など「入場料が取れない試合」でしか使用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る