一軍合流が白紙に…ソフトB川崎を悩ます本拠地の人工芝

公開日: 更新日:

 たかが芝、されど芝――。

 古巣ソフトバンクに電撃復帰した川崎宗則(35)の一軍昇格が遠のいた。本来なら14日のオリックス戦で一軍に合流するはずが、体調不良により断念。16日の故郷・鹿児島で行われる試合にも出場できないというのだから、よほど状態が悪いのだろう。

 川崎を苦しめているものは2つ。米国帰りにありがちな時差ぼけは時間が解決するとはいえ、厄介なのが人工芝による下半身への負担だ。

 天然芝の球場が大半の米国と異なり、日本のそれは人工芝がほとんど。パの本拠地で天然芝の球場は楽天だけだ。さらにタイミングの悪いことに、昨年から稼働しているソフトバンクの筑後の二軍施設も、メーン球場は人工芝。土のサブグラウンドもあるにはあるが、こちらは主に社会人との練習試合など「入場料が取れない試合」でしか使用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る