フレッシュ球宴で154km連発 高橋純平はSB二軍で確実成長

公開日: 更新日:

 ネット裏がどよめきの声に包まれた。

 14日のフレッシュ球宴(倉敷)。ウエスタン先発の高橋純平(ソフトバンク)が自己最速を2キロ更新する154キロを連発した。

「高校ナンバーワン右腕」と呼ばれた高橋は、昨秋ドラフトで3球団の競合の末、ホークスへ1位入団。この日は同期のオコエ(楽天)に二塁打を打たれたが、4番の岡本(巨人)には全球ストレート勝負で5、6球目に154キロを連発。最後は150キロで空振り三振を奪い、「二軍にいるときより楽に投げられた。前半はスタートが遅れたが、早く一軍に食らいつけるようにしたい」と、笑顔を見せた。

 高校3年の夏に左太もも裏を痛め、高1のときには左足甲を骨折した。将来性を心配して撤退した球団もあったが、高橋を追いかけ続けた中部地区担当スカウトは「ケガは重症ではなく、高校時代のトレーニング不足はプロで鍛え直せば全く問題ない」と言っていた。まだまだ発展途上も、この日は心配された左足でしっかり踏ん張って投げていた。着実に成長しているのは、ホークスに入ったことがプラスになっているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る