フレッシュ球宴で154km連発 高橋純平はSB二軍で確実成長

公開日:  更新日:

 ネット裏がどよめきの声に包まれた。

 14日のフレッシュ球宴(倉敷)。ウエスタン先発の高橋純平(ソフトバンク)が自己最速を2キロ更新する154キロを連発した。

「高校ナンバーワン右腕」と呼ばれた高橋は、昨秋ドラフトで3球団の競合の末、ホークスへ1位入団。この日は同期のオコエ(楽天)に二塁打を打たれたが、4番の岡本(巨人)には全球ストレート勝負で5、6球目に154キロを連発。最後は150キロで空振り三振を奪い、「二軍にいるときより楽に投げられた。前半はスタートが遅れたが、早く一軍に食らいつけるようにしたい」と、笑顔を見せた。

 高校3年の夏に左太もも裏を痛め、高1のときには左足甲を骨折した。将来性を心配して撤退した球団もあったが、高橋を追いかけ続けた中部地区担当スカウトは「ケガは重症ではなく、高校時代のトレーニング不足はプロで鍛え直せば全く問題ない」と言っていた。まだまだ発展途上も、この日は心配された左足でしっかり踏ん張って投げていた。着実に成長しているのは、ホークスに入ったことがプラスになっているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る