フレッシュ球宴で154km連発 高橋純平はSB二軍で確実成長

公開日: 更新日:

 ネット裏がどよめきの声に包まれた。

 14日のフレッシュ球宴(倉敷)。ウエスタン先発の高橋純平ソフトバンク)が自己最速を2キロ更新する154キロを連発した。

「高校ナンバーワン右腕」と呼ばれた高橋は、昨秋ドラフトで3球団の競合の末、ホークスへ1位入団。この日は同期のオコエ(楽天)に二塁打を打たれたが、4番の岡本(巨人)には全球ストレート勝負で5、6球目に154キロを連発。最後は150キロで空振り三振を奪い、「二軍にいるときより楽に投げられた。前半はスタートが遅れたが、早く一軍に食らいつけるようにしたい」と、笑顔を見せた。

 高校3年の夏に左太もも裏を痛め、高1のときには左足甲を骨折した。将来性を心配して撤退した球団もあったが、高橋を追いかけ続けた中部地区担当スカウトは「ケガは重症ではなく、高校時代のトレーニング不足はプロで鍛え直せば全く問題ない」と言っていた。まだまだ発展途上も、この日は心配された左足でしっかり踏ん張って投げていた。着実に成長しているのは、ホークスに入ったことがプラスになっているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る