13戦0勝9敗…西武菊池はメジャーよりまず“打倒ホークス”

公開日: 更新日:

 まだまだ「エース候補」止まりだ。

 7日、西武の菊池雄星(25)が、またしてもソフトバンク相手に黒星を喫した。

 二回に内川のソロ弾で先制点を献上すると、その後もメヒアの失策絡みなどで、この回3失点。六回には再び内川に一発を浴び、7回4失点で今季初黒星。対ソフトバンク戦に限れば、一軍デビューした11年以降、先発した13試合で0勝9敗だ。味方の失策や貧打は言い訳にはならない。

 菊池は今季から2年連続2ケタ勝利を達成すれば、来オフ、球団からポスティングの許可が出る。西武は岸が楽天にFA移籍したことで、エース不在。だからこそ、昨季初めて2ケタ(12勝7敗)を達成したこの左腕に球団も期待をかけ、鼻先に憧れの「メジャー」というニンジンをぶら下げた。

 それが優勝候補筆頭のソフトバンクに勝てませんでは、メジャー以前の問題。この日、ソフトバンクの先発は昨季最多勝を獲得した、球界屈指の左腕・和田。先に点を与えてはいけない相手だということは、菊池もわかっていたはずだ。

「力不足。点の取られ方が悪かった」

 と下を向いた菊池。当面は地に足をつけて、「打倒ソフトバンク」を目標にした方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る