13戦0勝9敗…西武菊池はメジャーよりまず“打倒ホークス”

公開日: 更新日:

 まだまだ「エース候補」止まりだ。

 7日、西武菊池雄星(25)が、またしてもソフトバンク相手に黒星を喫した。

 二回に内川のソロ弾で先制点を献上すると、その後もメヒアの失策絡みなどで、この回3失点。六回には再び内川に一発を浴び、7回4失点で今季初黒星。対ソフトバンク戦に限れば、一軍デビューした11年以降、先発した13試合で0勝9敗だ。味方の失策や貧打は言い訳にはならない。

 菊池は今季から2年連続2ケタ勝利を達成すれば、来オフ、球団からポスティングの許可が出る。西武は岸が楽天にFA移籍したことで、エース不在。だからこそ、昨季初めて2ケタ(12勝7敗)を達成したこの左腕に球団も期待をかけ、鼻先に憧れの「メジャー」というニンジンをぶら下げた。

 それが優勝候補筆頭のソフトバンクに勝てませんでは、メジャー以前の問題。この日、ソフトバンクの先発は昨季最多勝を獲得した、球界屈指の左腕・和田。先に点を与えてはいけない相手だということは、菊池もわかっていたはずだ。

「力不足。点の取られ方が悪かった」

 と下を向いた菊池。当面は地に足をつけて、「打倒ソフトバンク」を目標にした方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る