SB工藤監督の進退を左右 15年ドラ1高橋純平の2年目の飛躍

公開日: 更新日:

「右の先発枠を取るつもりで狙っていく」

 こう意気込んだのは、ソフトバンクの高橋純平(19)。10日、今年初めて二軍施設で練習した。年末年始は実家のある岐阜で打者相手に投球練習をするなど今季にかける思いは強そうだ。

 15年ドラフトで3球団の競合の末に入団した右腕は、昨季の新人合同自主トレ初日に左スネの張りでリタイア。一軍登板なくシーズンを終えた。

■ストレートはすでに一軍レベル

 昨秋キャンプでは工藤監督の指導を受け、フォーム固めなどに取り組んだ。昨年のドラフト1位で入団した田中正義(創価大)にもライバル心を燃やしている高橋の飛躍を期待するチーム関係者は少なくない。

 ホークスOBによれば、「指先の感覚が抜群にいい高橋のストレートはすでに、一軍で通用するレベル。入団時に比べて体力もついてきた。変化球の精度を上げることができれば、今季2ケタ勝利を挙げても不思議ではない」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る