遼は4戦連続予選落ちのドン底 ジャンボの指導も効果ゼロ

公開日: 更新日:

【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2017】

 プロデビューした2008年以来となる4試合連続の予選落ちだ。

 石川遼(26)は、米ツアーのシード獲得に失敗して失意の帰国。その後に出場した、日本オープン(97位)、ブリヂストン(82位)、マイナビABC(65位)と結果を出せずに、今大会は通算11オーバー・98位とカットラインに8打も足りなかった。

「飛ばし屋ばかりの米ツアーで、無理して飛ばすスイングで戦って腰を痛めた。その後遺症を引きずり、ドライバーがどこに飛んでいくのか、分からない状況です。今ではショットがバラバラ。レベルが低い日本ツアーでもまともに戦えなくなっている。先が見えません」(ツアー記者)

 米ツアー5勝の松山英樹(25)は181センチ、91キロと学生時代よりも体がひとまわり大きくなり、体幹も強い。しかし、175センチ、72キロと線が細い石川がトップレベルのステージで戦うにはそもそもフィジカル面から無理があったと指摘する声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る