遼は4戦連続予選落ちのドン底 ジャンボの指導も効果ゼロ

公開日: 更新日:

【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2017】

 プロデビューした2008年以来となる4試合連続の予選落ちだ。

 石川遼(26)は、米ツアーのシード獲得に失敗して失意の帰国。その後に出場した、日本オープン(97位)、ブリヂストン(82位)、マイナビABC(65位)と結果を出せずに、今大会は通算11オーバー・98位とカットラインに8打も足りなかった。

「飛ばし屋ばかりの米ツアーで、無理して飛ばすスイングで戦って腰を痛めた。その後遺症を引きずり、ドライバーがどこに飛んでいくのか、分からない状況です。今ではショットがバラバラ。レベルが低い日本ツアーでもまともに戦えなくなっている。先が見えません」(ツアー記者)

 米ツアー5勝の松山英樹(25)は181センチ、91キロと学生時代よりも体がひとまわり大きくなり、体幹も強い。しかし、175センチ、72キロと線が細い石川がトップレベルのステージで戦うにはそもそもフィジカル面から無理があったと指摘する声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る