遼は4戦連続予選落ちのドン底 ジャンボの指導も効果ゼロ

公開日:

【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2017】

 プロデビューした2008年以来となる4試合連続の予選落ちだ。

 石川遼(26)は、米ツアーのシード獲得に失敗して失意の帰国。その後に出場した、日本オープン(97位)、ブリヂストン(82位)、マイナビABC(65位)と結果を出せずに、今大会は通算11オーバー・98位とカットラインに8打も足りなかった。

「飛ばし屋ばかりの米ツアーで、無理して飛ばすスイングで戦って腰を痛めた。その後遺症を引きずり、ドライバーがどこに飛んでいくのか、分からない状況です。今ではショットがバラバラ。レベルが低い日本ツアーでもまともに戦えなくなっている。先が見えません」(ツアー記者)

 米ツアー5勝の松山英樹(25)は181センチ、91キロと学生時代よりも体がひとまわり大きくなり、体幹も強い。しかし、175センチ、72キロと線が細い石川がトップレベルのステージで戦うにはそもそもフィジカル面から無理があったと指摘する声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る