遼は4戦連続予選落ちのドン底 ジャンボの指導も効果ゼロ

公開日:

【HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2017】

 プロデビューした2008年以来となる4試合連続の予選落ちだ。

 石川遼(26)は、米ツアーのシード獲得に失敗して失意の帰国。その後に出場した、日本オープン(97位)、ブリヂストン(82位)、マイナビABC(65位)と結果を出せずに、今大会は通算11オーバー・98位とカットラインに8打も足りなかった。

「飛ばし屋ばかりの米ツアーで、無理して飛ばすスイングで戦って腰を痛めた。その後遺症を引きずり、ドライバーがどこに飛んでいくのか、分からない状況です。今ではショットがバラバラ。レベルが低い日本ツアーでもまともに戦えなくなっている。先が見えません」(ツアー記者)

 米ツアー5勝の松山英樹(25)は181センチ、91キロと学生時代よりも体がひとまわり大きくなり、体幹も強い。しかし、175センチ、72キロと線が細い石川がトップレベルのステージで戦うにはそもそもフィジカル面から無理があったと指摘する声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る